スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
梅雨の楽しみ 
2013/06/21 Fri 19:21
今日もイプを弄ろうかな、と帰宅してみるとなにやらなにやら。


2013_0621_001.jpg

梱包で良く見えないな~
何だろうこれ。

今週末はル・マンだし

こりゃ楽しみだわい。

コメント
この記事へのコメント
最近興味をひく記事が続きますね。
sloさん曰く、かなり良いみたいですよ、これ。
先ずはプロファイル作りからでしょうか?
純正プロファイルそのままだと、ガンマが違うのは9000同様です。
ただ、色再現と変化のなさは断然違いますよ。
2013/06/21(金) 20:29:38
URL | よっちゃん #-[ 編集 ]
梅雨入りしていろいろ手を出しています。
まだ開けてもいませんが、箱がでかいですね~
まずは純正で数枚出してみますね、それと同時にプロファイルのパッチを印刷しようとおもってますが作成方法を忘れてしまいました。
前は上級ターゲット+グレー(4枚)でプロファイル作成を行いましたが、よっちゃんはどれで作成を行ったのでしょうか?

とにかく楽しみです。
2013/06/21(金) 21:05:48
URL | Phenil #-[ 編集 ]
僕は225EZ(EZ高品質ターゲット)+拡張グレー4枚ですので、ふぇにるさんよりは簡易的ですね。

①まずはこれをドライバ側無補正で出力・乾燥
②センサーで合計8枚を測色(疲れるよね)
③出来上がった、まんまプロファイルで印刷
④「やっぱ暗い・濃い」のを確認し、Editへ
という流れだと思います。

Editはスライダーとか色々ありますが、結果的
にはトーンカーブインポート一発が一番かなと。

忘れてしまってるかもしれないので一応。
まずは、以下のようなグレースケールを印刷します。

http://www.geocities.jp/yottyan_cryyagi/printcheck.jpg

これを、先程出来たまんまプロファイルで印刷し、それを左上から測色。Lab値をPSでRGB
値に丸めて、その値と本来のデータ値の差分
をPSのトーンカーブで補正するファイルをつく
ります。

これをPrintFix側でインポートして、Editプロファイルを作る。それでまたグレースケールを印刷して、測色…。この追い込みで仕上げるの
だと思います。

忘れやすいプロセスなので、一応書いておき
ました。

ふぇにるさんのプロファイルの出来上がり、
期待しています。

そうそう、絶対グレーはONですよ。
2013/06/21(金) 22:11:28
URL | よっちゃん #VNXDfFTY[ 編集 ]
よっちゃんありがとうございます。
ほんと触らなくなると忘れていってしまいますね。
只今ドライバ入れてヘッド自動調整しています。
225パッチの方なのですね、ずっと前にdatacolor?SpyderPRINTの会社に質問したメールを見てみると良いプリンタの場合729パッチを使わなくても中間色が出せるらしいので225で良いらしいですね。
僕も225で作ってみます、そのあとグレースケールでトーンカーブですね。
段々と思い出してきました。
2013/06/21(金) 22:29:15
URL | Phenil #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://phenil1259.blog15.fc2.com/tb.php/574-a5db03d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。