スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
久しぶりに光軸調整 
2013/03/03 Sun 22:25
CATEGORY【機材】
パンスターズ彗星が少し気になるが、オコタでぬくぬくが止められないでいます。
このままじゃさそり座が撮影出来る季節になってもイプの光軸が安定しないのではないかかとちょっと焦り、よっこらせとイプを光軸調整台に乗せました。

でも今日はフラット撮っただけですが・・・


2013_0303_001.jpg

鏡筒に対して垂直にカメラを配置しています。
左が南北縦構図、右がカメラを180度回転させて撮影したフラットを180度回転させたものです。

斜鏡をいろいろずらして調整していましたが、今回はセンターマーク真ん中にもどして撮影しました。


なにやら右のフラットが怪しげですね。

以前同じフラットを撮影してこれはカメラのスケアリングのズレからこんなになったのかもと、よっちゃんのブログで解説していたレーザーでのスケアリング確認をやってみたのですが、アルミシールでのスケアリング補正はなかなかの精度で出来ていました。
試しにスケアリング補正リング最大の0.4mmの無理やり補正をしたフラットを撮影したのですが、右の等光度曲線は中心が少し動く程度でした。

スケアリングが原因でこんなになっているわけではなさそうです。
考えられる原因は、カメラのセンサーが中心に配置されていないとか、フィルターホイールで何かが起こっている。
と、ここまで書いてフィルターホイールを回転させてみて撮影すればよかったと気付きました。

でもまたセッティングするの面倒だし、また今度やろう。

以前から等光度曲線の頂上付近の勾配、全体での左右の勾配の違いが気になっていましたが、180度回転させるとその性質も反転している事からイプの光軸調整が悪いのではない可能性が出てきてこれは無視できる気がしてきました。
ずっと前syoshi-さんに180度回転させて撮らないと、と言われた事ようやく分かりました。
この2つの曲線を平均化できる調整をしないといけませんね。

まだまだ平均90点取れるようになるには修行が足りませんね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://phenil1259.blog15.fc2.com/tb.php/548-bffaa7eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。