スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
またまたモノクロ 
2012/12/29 Sat 01:14
CATEGORY【機材】
一昨日の光軸調整はフラットの同心円も少し歪で、テスト撮影も普通と言う感じでした。
ま、それは斜鏡マークを少しオフセットしていたことも原因なのかなと思ってます。


29日になっているので、昨日再調整したフラットがこれです。


2012_1229_007.jpg
2012_1229_001.jpg
2012_1229_002.jpg

斜鏡短辺⇔カメラ長辺


2012_1229_008.jpg
2012_1229_003.jpg
2012_1229_004.jpg

斜鏡長辺⇔カメラ長辺

若干ズレていますがいままでで一番フラットが安定しているんじゃないでしょうか。

一応確認したことは(以前やった事も含む)。
①スパイダー支持金具の斜鏡穴が主鏡に対して垂直。
 斜鏡穴からレーザーコリメーター照射で主鏡センター5mmオフセット位置に来るようにトップリングを調整。
②CEの中心が軸の中心。
 スパイダー支持金具の斜鏡穴から主鏡中心に糸張りCEを覗く。
③普通に光軸調整。

いたって普通の光軸調整ですね。
 

2012_1229_005.jpg

今までの光軸調整から違うところはこれです。
スパイダー支持金具の斜鏡穴の中心に斜鏡M6が来ていること。
ただアルミシールを貼っただけなので、本当に来ているかは微妙なんですけど。


2012_1229_006.jpg

想像では今まではこんな感じに斜鏡のM6ネジは固定されていたと思われます。
スパイダー支持金具の斜鏡穴は6.2mmなので、どうしてもすき間が出来てしまい、このすき間が斜鏡の位置決めの曖昧さに繋がったんだと思います。
そう、斜鏡は軸の中心に支点があるべきはずなのに、軸上ではない違う支点から斜鏡マークを狙っているだけだったのです。
支点がふらふら決まらないのに、光軸が安定するはずがないのです、だからこのすき間を極力少なくする。

さー晴れてくれ!

きっと最高の星像が待ってるぜ。

といいつつ何回落胆したことか・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://phenil1259.blog15.fc2.com/tb.php/525-c5878f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。