スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
がっつりテスト 
2010/08/26 Thu 21:00
CATEGORY【機材】
昨夜は晴れ。
でも満月過ぎなので撮影は出来ません。
こういう時はもちろんテスト撮影、
FSQの性能を出し切るために日々努力です。

とはいったものの・・・
テスト撮影って面倒くさくてやる気が出ないのが本音。

今回のテストは、
①スケアリング直焦点ではどう?
②デジ一と冷却CCDのピント位置は?

この2つを確認してみました。
まず①、はっきり言ってカメラのスケアリングのズレを確認するには、
普通直焦点で確認するべきですよね。
僕はレデューサーを付けてスペーサーを作ってしまいました。


2010_0825_003.jpg
EOS 7D フォーカス解析

2010_0825_002.jpg
ML8300+0.3mmスペーサー フォーカス解析

う~ん、ほんとβ-SGRのフォーカス解析はいい!
これを手作業でやったらどんなに時間がかかるだろうか。
機械が同条件で評価してくれることが大きい。
実際の撮影ではまだ手動でピント合わせしてますけど(笑

7Dでのフォーカス解析
露出不足で解析にかかった星の数が少なくなりましたが、
さすがはキヤノン!
なんとフラットなピント位置なのだろうか。
これだけで判断するのは危険だが、鏡筒⇔カメラ間は完璧だ。

ML8300+0.3mmスペーサー
これまた、なかなかです。
心配していたスペーサーとのマッチングもいい感じです。
前のレデューサーの結果もふまえると、もう少しスペーサーを薄くする方がいいと感じました。


②デジ一と冷却CCDのピント位置に関して。
これはよっちゃんから指摘されたことで、確認してみようと思いました。
よっちゃんの過去の記事にその必要性が書かれているように、
補正レンズ後の光路長は星像に大きく影響します。

でもこれって、FSQがキヤノンの56mmで最高の性能が出るという前提ですが。

7D
ワイドマウント(12.0mm)+カメラ(44.0mm)=56.0mm

ML8300
テーパー・マウント60(18.0mm)
フィルターボックス(20.6mm)
カメラ(17.0mm)
フィルター4mm/3(-1.3mm)=54.3mm

とすると、7D→ML8300に交換した場合、ピント位置は1.7mm短くなるはず。

フォーカス解析のデータから、7Dの初期位置は1.000mm。
ML8300は1.370mm(ドローチューブ3.000mm短縮したので)-1.630mm
2.630mmの差になりました。
1.7mm引くと0.930mm
0.930mm7DとML8300の光路長に差がでました。

これはよっちゃんとも話をしましたが、ML8300のウインドーガラス等かな?

この差が星像に影響する可能性もあるので、補正する必要はありそうですね。
もう一度同じ事をチェックしてみようと思います。
ドローチューブを触った時にダイヤルゲージの読み間違いもありそうなので。

は~相変わらず分かりにくい文章だ。
そんなのどーでもいいよって人は、この写真だけ見てね。

2010_0825_001b.jpg

撮影機材:FSQ-106ED (EX F=850mm F/8),EM-200 Temma2M
使用カメラ:EOS 7D,ISO100
露出時間:1/400秒

おっきいの
ttp://phenil1259.web.fc2.com/blog/2010_0825_001.jpg
コメント
この記事へのコメント
ど~でもよい、ふぶぶです(笑)
お月さんイイですね、もう一息キレが欲しい所かと思います。数十枚撮ってRegistaxで処理すればもっと凄くなる予感。
面倒なら、ハイパスやっちゃえば少しは良くなりますよ。
2010/08/27(金) 12:36:04
URL | ふぶぶ #-[ 編集 ]
ふぶぶさんどーでもいいなんていけませんよ。
一緒にスケアリング地獄に行きましょう。
そうなんですよキレが無いですよね、これ7Dが悪いんですよ(笑
なんかザラザラでコンデジみたいな画像ですよね。
それ以前に撮影者が悪い予感が・・・
Registaxは覚えたいソフトですが、いまいち使い方がわかりませんっ。
今日もテストするぞ!と思ってたら東から怪しい雲がきましたね。
2010/08/27(金) 19:39:35
URL | Phenil #-[ 編集 ]
βーSGRのフォーカス解析はいいですよねー!
自分も先日、自宅テストの時にやってみたのですが、数値で表されるとより確信が持てますね。もちろん、これだけを全面的に信用することはできないのかもしれませんが、スケアリング調整の心強い味方ではあります(^^♪
それにしてもPhenilさんの数値は全面に渡り差はほとんど無いですね!見事です。自分は前回のテストでは左下のみ0.05ほどのずれが発生していました(@_@;) 原因究明しなきゃです(>_<)
2010/08/28(土) 11:49:30
URL | yuji #-[ 編集 ]
yujiさんこんにちは。
β-SGRのフォーカス解析はいいですよね。
信用しきるのは危険かもしれませんが、全体の傾向は把握できますね。
yujiさんの数値はレデューサーでの数値でしょうか?それで0.05mmならすごいレベルですね。
直焦点は結構にいい数値が出た気がします。
それに、露出不足なのできちんと評価できているか不安です。
今日はもう一度チェックしてみようと思います。
いっしょに究極を目指しましょう!
2010/08/28(土) 18:46:46
URL | Phenil #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://phenil1259.blog15.fc2.com/tb.php/326-8497a7e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。