スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
まいったぜー 
2010/04/26 Mon 23:30
この前の護摩壇で全然ガイドが上手くいかず、
いい空なのにさっぱり撮影出来ませんでした。
そんな失敗はもうするまい。
土日、月が出ていたのですが、ガイドテストを行いました。

なぜ失敗したか?
一つはガイド鏡の鏡筒バンドを締め忘れていたこと。
もう一つはガイドソフトを変更したからです。

今まではDSI II Proなので、PHD Guidingでガイドしていましたが、
冷却CCDも持っていないのにMaxIm DLを導入し
ガイドさせたのが失敗を招きました。

でも、それもこの土日のテストでバッチシ分かりました。
単にオートガイダーの出力の設定を間違っていただけという、
少しバカチンでした。


2010_0426_003.jpg

10分程度のガイドですが、いい結果ですね!
もう失敗しないぞ!
PHD Guidingでも十分なガイドを行ってくれますが、
MaxIm DLはパラメーターの設定も多く、精度も良く、
何よりCPU使用率がすごく低いので、遠征時の省エネにも貢献してくれます。
いつか手に入れる冷却CCDの制御もできるのでこれはいいですね。

しかーし、まいったことが。
昨日ガイドの原因が分かり、β-SGRでフォーカス解析でもとおもい、
直焦点530mmでピントを合わそうとするとなぜか合わない。
FSQのドローチューブをめいいっぱい引っ込めても、
合わない・・・

あれ?

β-SGRはセンターの1mmの位置だったので
0mmの位置まで縮めてもやっぱり合わない。

まいった。

FSQの直焦点のピント位置は僕の機体では、
ドローチューブのせり出し4mmの位置です。

2010_0426_001.jpg

こんな感じ。


2010_0426_002.jpg

β-SGR 150FLのカスタムリング仕様では、
こうなるのです。
レデューサーの光路長はシビアに考えていましたが、
意外にタカハシ純正の直焦点はドローチューブのせり出し少ないのですね。
3mmも長くなってました。
β-SGRを0mm位置でも後2mm縮めなければなりません。

やってしまったなー
385mm、530mm、850mmとβ-SGRで使えるとおもい、
青い奴にしましたが・・・

ま、BORGパーツでM57に変換することも出来るし、
どうにかできるでしょ~
コメント
この記事へのコメント
ダーッ!してください。
うーん、何やら難しい問題が生じているのですね・・。
僕にはこういう細かいのが苦手な分野なので、どもこもなりません。^^;
1.2.3.ダーッ!と気合で乗り切っちゃってください♪(笑)
2010/04/28(水) 00:00:04
URL | ふうま #PNGfqbak[ 編集 ]
こんにちはふうまさん。

ダーってドローチューブを縮めても、カツンと当たってしまいジャスピン位置までとどきませんでした。
かなり焦りました。
レデューサーでこの状態ではどうしようもないのですが、直焦点なのでドローチューブの移動できる範囲にさえすればいいので、ただ今思案中です。
これを乗り切ればβ-SGRを使い倒そうと思います。
2010/04/28(水) 18:30:03
URL | Phenil #-[ 編集 ]
ふぇにるさん、いろいろ原因がわかってよかったですね。5月はばっちりM8を決めてくださいね。
2010/04/28(水) 18:54:24
URL | Rつ #-[ 編集 ]
Rつさんこんばんは。

護摩では久々の失敗だったので、もう2度と失敗しないように2日テストしました。
MaxImで1回ガイドが成功したので、油断していました。
β-SGRの光路長対応パーツはどうにか手配できそうです。
5月はどこを撮ろうか悩みますね~
それまでに●肉ですか!行きましょう。
2010/04/28(水) 23:01:53
URL | Phenil #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://phenil1259.blog15.fc2.com/tb.php/270-feba7c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。