スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
屈折もなかなか 
2010/03/28 Sun 21:10
僕もフラットの話です

T-WAPのsyoshi-さんにステライメージの周辺減光が分かりやすいと
教えていただき何度かフラットを撮ったのですが
結果が良くなかったのでずっと隠していました


2010_0328_001.jpg

ELパネルで撮ったフラット16枚を加算平均
なんか歪で恥ずかしいです
若干左にずれています
それよりも上下・・・なんかおにぎりですね(笑


2010_0328_002.jpg

撮影機材:FSQ-106ED (RD f=385mm F/3.6),EM-200 Temma2M赤道儀
使用カメラ:SEO-COOLED X2(LT), ISO400
露出時間:20分×1

以前撮影したくらげ星雲の星像です

最近自分の星像が安定していると思っていましたが
チェックしてみると何かおかしい
これでは分かりにくいですが


2010_0328_003.jpg

彩度+60
上が前ピン、下が後ピンでしょうか?
直ったとおもっていたが・・・
本体の回転装置とレデューサーの回転装置のポジションを変えて
もう一度やり直しですねこれは
β-SGRを購入して数値化してみたいな~
どれくらいずれているのだろう
コメント
この記事へのコメント
これは分かりやすいですね!
早速、使わせていただきます。
逆に落ち込むかも(笑)
2010/03/29(月) 17:49:08
URL | ベランダGPD #OtIsc6PY[ 編集 ]
ベランダGPDさんこんばんは。

本当にレデューサーの回転装置は厄介ですね。
フラットの周辺減光が全てではないとおもうのですが、歪だとやっぱり凹みますね。
今日は直焦点でまず綺麗なフラット目指して調整してみます。
周辺減光また見せてください。
他の人のFSQすごく気になります。
2010/03/29(月) 18:51:35
URL | Phenil #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://phenil1259.blog15.fc2.com/tb.php/261-999843e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。