スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
プラチナグレード Ver.4 
2010/01/08 Fri 23:35
CATEGORY【機材】
最近の僕のブログはグラフばかりです
今日も実はグラフです

Pro9000MarkIIとプラチナグレードの為に作成されたプロファイル
そろそろ完成に近づいてきました
Ver.4です(1~3もあります)


2010_0108_001.jpg

これがそのプロファイルを使用してプリントしたグレースケールです
いい感じですね~

完璧だと思うでしょう

でも不完全なんです
まず、ハイライトとシャドウ部の色のバラつき
いまいちどうして良いかわからないのですw

そしてこれが24時間しか乾燥していないということ
染料インクは用紙に浸透するので乾燥には時間がかかります
たぶんここから数日の間にこのグラフ変化するでしょう

なのでこれを長期乾燥させてみることにします
今までの結果から5日以上は変化している気がします
その結果を補正し完成です!
いや~長かった

僕はプラチナグレードは嫌いです
なんか時間が経つにつれ青がひいていく感じ
どうも好きになれません

なので本気でPro9000MarkIIの
クリスピア用プロファイル作成することにしました

笑ってください

でも、あのクリスピアのコーティングの綺麗さ
なにより染料インクでもすごく安定しています
BCI-7eのインクとはどうなるかわかりませんが
僕はクリスピアの方が好きです!
ちょっと青いのが気になりますが・・・
コメント
この記事へのコメント
いや、凄いですね。
何と言うか、ふぇにるさんの性質が凄いと思いました。ここまでこだわってやっている方って他にいないですよね。完璧を求める姿勢というか…。恐れ入ります。
クリスピアは青が強いので、5000Kのグレーで天体写真を出力した場合、飽和点(星中心部)で青く見えてしまうので、相対的には星と比較して星雲の色温度が低く見えてしまう可能性がありそうですね。
たしかその場合、レンダリングインテントで絶対的色域保持選択で出力すれば余白カットした場合不釣合いが解消されるんだったような…。
うる覚えです。
クリスピアの良さ、僕にも良く分かります。
2010/01/09(土) 01:38:03
URL | よっちゃん #VNXDfFTY[ 編集 ]
おはようございます。

あはは、最近は撮影出来ないので時間があればプリントしています。
もう、さすがにパッチは読み込んでませんが。

クリスピアの青さは相対的では白の圧縮でRGB=255が紙白になるので、飽和点が青く見えるんですね。
絶対的で紙白より白いデータは切ることにより、飽和点でも着色をするということですよね。
あのクリスピアの青さはそういう見え方にも影響するんですね。
でも、あの安定感はプラチナよりも上です。
もう少し完成度を上げて最終決めたいと思います。
誰に見せても美しいと思い、それでいて測色でも良い数値が理想ですが、どこかで妥協が必要ですね。
僕はひょっとしたら顔料派なのかもしれません・・・
2010/01/09(土) 09:57:20
URL | Phenil #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://phenil1259.blog15.fc2.com/tb.php/227-80dac39b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。