スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2010/01/03 Sun 19:33
CATEGORY【機材】
プロファイル作成をしていると
やはり染料インクって改めて難しいとおもいました
何日で色が安定するんだろう

同じ日にプロフェッショナルフォトペーパー、クリスピア
もパッチの印刷をしたのでプロファイルを作成したのですが、
意外にクリスピアが出来が良かったです
グレースケールの測定でもすごくリニアで綺麗でした
ひょっとしたらクリスピアで煮詰めていく方がいいのかもです

しかし、どうもクリスピアを印刷した後からプリンタのエラーが・・・
エラー番号から、用紙の詰まりや異物の残りらしい
クリスピアの用紙にクリーニングシートが付いている
ところをみるとローラーに附いたりするのだろう
こんなことでプリンタの修理になってしまうと
困るのでクリスピアはちょっと後回しにしておこう

さて、パッチの印刷から6日が経つので
そろそろ本格的なプロファイル作りを実行することにします
今回はストリップ方式ではなく、パッチを一つ一つ測定しました
そしてそのプロファイルでグレースケールを印刷し乾燥中です
最高のグレーを作ってやる!


2010_0103_001.jpg

自分の印刷したグレーを見た後
カラーチェッカーを見るとなんと綺麗なんだろう
こんな風に印刷できれば

コメント
この記事へのコメント
凄い意気込みを感じて、見ていてこちらも嬉しくなります。

カラーチェッカーのグレーですが、これは本当に美しいですね。
銀一のグレーカードも持ってますが、こちらのマクベスのチャートの方が反射率も少なくてどこからどう見てもグレーですね。

染料系はどうしても光源で変化してしまうタマムシなので、そこらは欠点かもしれませんね。

同時に僕はエプソンのPX5500という顔料系のプリンターも持っていますが、こちらはグレーに関しては本当に完璧です。
方式が違うのは分かりますが、それにしても純正プロファイルの状態でも本当に色転びなく満足なグレー、まさに墨の色が手に入れられますよ。

ただ、光沢感がないのが最大の欠点なんですよね。これが受け入れられるかどうかが分かれ目です。僕は受け入れられませんでした。
2010/01/03(日) 20:11:11
URL | よっちゃん #VNXDfFTY[ 編集 ]
あけましておめでとうございます。

この休み時間があればパッチを読み込みなおしたり、グレースケールを印刷したりしてます。
数値上ではカラーチャートのblackと同じなのに、用紙の反射ではグレーに見えないのですよね。
色評価照明下では少しマシですが。
ほんの少し青を赤より上げてやれば、誰が見ても綺麗に見えるんでしょうが・・・

プリセットの数値をいじってプロファイルの中身を見たらシャドウなら本当にシャドウ部しか変化してませんでした。
今回印刷したグレースケールからトーンカーブを作成し、インポートで補正してみます。
でもこれってプロファイルの精度を落としてるみたいで少し疑問です。

ちなみに液晶はナナオL567です(笑)
古いですがすごく発色がいいですよ、ムラはありますが。
キャリブレーションの数値を見ても綺麗なグラフです。
いつかハードウェア・キャリブレーションモニタと思ってますが・・・
2010/01/03(日) 21:50:41
URL | Phenil #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://phenil1259.blog15.fc2.com/tb.php/223-6eeb47b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。