スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
ジュージュー 
2013/02/26 Tue 20:42
最近どうもコタツに入るとゆるゆるでやる気が起こらない。

何かが足りない。

顔料プリンター

光軸調整の技術



2013_0226_001.jpg

ひょっとしたらこれかもしれない。


2013_0226_002.jpg

ハンバーグが3つ出来上がったとしよう
1つ目は熱々ですごくおいしい、2つ目を食べる時は少し冷め、3つ目はちょっと悲しくなってきます。

これがあれば最後まで熱々もふもふと食べれるはず。
テリヤキチキンや、お好み焼きなんかにも使えそう。
ステーキは・・・まず出てこない。

と、購入し届くまではいろんな想像をして楽しくなっていたが


いざ届くと盛り上がりに欠けていた


お菓子でも食べよう。
スポンサーサイト
手放そう 
2013/02/23 Sat 11:44
2013_0223_001.jpg

色々悩みましたが、Pro9000MarkⅡを手放すことにしました。

まだまだ十分使用できますが、顔料プリンターを使用してみたいという気持ちが高くプロファイル作りに気合がはいらないのです。
機材だけを欲しがるダメダメ人間ですね。

今の自作プリンタープロファイルは少し青が強すぎました、作成のミスもあったのかもしれないしプロファイルが完成した7月という気温の高い時期だったので、今の気温の低い時の乾燥にマッチしていないのかもと考えられます。
これはプロファイルの作成上のトーンカーブで青レベルを少し下げてやれば今の状態にマッチするものも可能ですが、ぶっちゃけやる気が出ません。
プリントして1~2週間乾燥を待つのが面倒くさい。

やはり感動はプリント後すぐ味わいたいというのが本音です。


でもPRO-10はまだ購入していないのですが・・・
おやおや 
2013/02/17 Sun 14:40
2013_0217_001.jpg

最近PRO-10が値下がり傾向です。
いいですね~このまま一気に6万を割ってくれればボーダーライン突破で、買っちゃうかもとなりそうですね。
せめてPRO-1との差が5万程度にならないと廉価版というポジションにはならないでしょう。
でもPRO-100のように大手のショップが安値を出していないので、まだまだ本格的な値下げ傾向ではないのが気になりますが、春までには6万切ってくれるといいな~


イプの光軸平均90点作戦をがんばっていますが、なかなかこれという調整ができません。
よっちゃんのブログからカメラを疑うという考えから僕も少し疑ってみました。

2013_0217_002.jpg

ML8300をEF70-200に装着。
スケアリングの確認の為にもスケアリング調整機構は0調整で撮影。

ああ~恐ろしく綺麗だわ(笑)
イプでこの程度出せたら楽しいだろうな。

さすがにアルミシールでスケアリング補正をしているので中心はど真ん中でまんまるですね。
レーザーコリメーターでセンサー面と60ADの面で同じ位置なのでそりゃそうですよね。

これを撮影してやはり違和感ある左右の勾配はカメラ・FWが原因というわけではなくイプの問題だったということが分かりました。

やはり自分の光軸調整の問題だと・・・ガクシ

ぼちぼちやるか~
失敗しない為にも 
2013/02/12 Tue 23:32
CATEGORY【機材】
冬場になるとフィルターホイールが所定の位置に来ず、気付かずそのまま撮影してケラれた画像を量産していることがたまにあります。
昨夜の撮影でも4枚気付かず撮影し簡易RGB合成してみて泣きそうになりました。
冷却CCDを購入して以来対策をせずにずっと使っていましたが、さすがにばかばかしいので対策してみました。

今日気付いたことですが、フィルターをHome位置に戻したい時はMaxImでConnectした状態でもFLI純正のFLIFilterで出来るのですね。
フィルターホイールが何かの具合で不正な位置に止まった場合、そこからフィルターを回してもずれた状態が続きます、その時僕はMaxImを終了させてFLIFilterでHome位置に戻していたのですが、MaxImを終了させなくてもいいのですね。
というかMaxImでHome位置に戻せたりするのでしょうか?良くわかっていません。


2013_0212_001.jpg

このような状態です。
フィルター厚は3mmなので右下の固定ネジを外しているH-alphaのようにそのままでは固定できないので2mmのOリングを挟んでいますが、これを挟むと0.数mmでっぱるのでこの部分でフタに当たるのだとおもわれます。


2013_0212_002.jpg

その前にsloさんの情報によりこのプラワッシャーを削ることにしました。
削るといってもほんの気持ちです。あまり削りすぎると今度はFWのガタが多くなりそうなので、軸の高さに対して爪が引っかかる程度です。
たぶんほとんど削れていないとおもわれますが・・・


2013_0212_003.jpg

フィルターの固定方法ですが良い方法が思いつかなかったので、余っていた塩ビシートをこのように切って。


2013_0212_004.jpg

こんな感じのものを作りました。

完成した写真を撮るのを忘れたのですがなかなか良い感じにできました。

FWが回らない症状は改善されてもフィルターが外れる症状が起こるかもとちょっと不安です。


さあ~明日からは光軸調整がんばるぞ。
過小評価ではなく今の光軸は80点弱といったところ。
50%の縮小でスパイダーのぼやけが分かる(コーン星雲右及び左上)調整ではダメです。
目指せ90オーバー!
2013/02/11 Mon 23:18
2013_0211_001.jpg

撮影機材:ε-180ED (f=500mm F/2.8),EM-200 Temma2M
使用カメラ:ML8300
露出時間:RGB=各10分×2
撮影場所:自宅


今日も晴れていたので撮影しています。
どうにかRGB撮影できました!
途中フィルターホイールが所定位置で止まらなかった時は終わったとおもいましたが、もう一度Home位置に戻して撮りなおしました。
そのせいでRGBに100分もかかってしまいました。(使用できたのは6枚)
春までにFWの不具合を直しておきたいですが、暖かくなると直るのでまた冬に同じ事をしてしまうんでしょうね。

もう少し撮れそうなのでLを撮影しています。

ご利用は計画的に 
2013/02/11 Mon 00:40
2013_0210_002.jpg

失敗しました。
途中から曇るとは思わず調子に乗ってLを撮影していたら、RGBで曇られてしまいました。
RGBは光害の影響を受けない一番暗くなったポイントと決めていたのが失敗でした。
今日は撮影出来るかもしれないと思いカメラは鏡筒に付けたまま片付けたのですが、カラー化できなかったらちょっと悲しいです。

撮影機材:ε-180ED (f=500mm F/2.8),EM-200 Temma2M
使用カメラ:ML8300
露出時間:L=10分×9(ぎょしゃ座付近フラット再利用)
撮影場所:自宅
2013/02/10 Sun 20:42
2013_0210_001.jpg

ただいま撮影中でございます。

自宅で撮影なので西に傾いてしまうと光害の影響を受けるので、少しでも長く撮影できるコーン星雲を狙ってみました。
画像処理までたどり着けるかな。

光軸は?わかりません!


撮影機材:ε-180ED (f=500mm F/2.8),EM-200 Temma2M
使用カメラ:ML8300
露出時間:L=10分×1
撮影場所:自宅
落ち着いてきました 
2013/02/07 Thu 20:15
2週間ちょっとが経ちようやく青が落ち着いてきました。
これぐらいしないと染料プリンターの評価はできないかな~と感じています。


2013_0207_001.jpg

まだちょっと青が強いかなという印象ですがまずまずです。
もしプリント直後にこの状態だとどんなに変化していってしまうのだろう、ほんと染料プリンターは難しいです。

3連休ですが天気はどうなのでしょうか。
あれから光軸はいじっていないのでちょっと不安ですが、日没後から撮影出来ればまだ冬の対象を狙えますね、でも最近またまた寒いですね~
星いなぁ 
2013/02/04 Mon 20:32
CATEGORY【機材】
今日は2週間ぶりにPro9000MarkⅡでプリントしたものをチェックしました。
グレースケールをSpyderPRINTで測定するのですが、僕は同じ輝度を5回測定し上下をカットし残ったデータの平均をとってます。
面倒くさそうですが、測色器を用紙に当てEnterキーを5回押していくだけです。


2013_0124_001.jpg
プリント後1日


2013_0204_001.jpg
プリント後15日

青だけが変化していってるのがハッキリ分かりますね、赤・緑はプリント後から安定し2週間経ってもあまり変化がありません。

プリント後1日では全体青が強く何じゃこれは~な写真だったのですが、2週間経つとじわじわと青が落ち着き下がってきます。110~180付近ではまだ青が強いかな~という感じで、馬頭星雲の馬頭付近の輝度がこの辺なのでパッと見の印象が違って見えてしまうのかもしれません。

後、丸の部分では赤の逆転が起こってしまってます。
プロファイル作成時に極端なトーンカーブにより調整がされていないか確認してみましたが、ミスはなさそうなのでこれはどういうことなのでしょうね。
Pro9000の癖かな。
30付近ではあまりこういう色転びはして欲しくないのですが。

あらためて染料プリンターのじゃじゃ馬っぷりが気になります。

新しくグレーインクが追加されたPRO-100だと安定しているのかもしれませんが、プリントして「あ~綺麗」ってすぐ見たいものです。


2013_0204_002.jpg

しかし、なかなか値段下がりませんね。

売れてないのでしょうね。

いっぱい撮れたら買おう。よしそうしよう。

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。