スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
未熟でござった 
2013/01/31 Thu 22:45
CATEGORY【機材】
今日は日没後少し撮影出来そうだったのでテスト撮影しました。
結果はというと。


2013_0131_001.jpg

途中から薄雲がやってきたので十分なテストはできなかったのですがまだまだですた。
星像はいいのですがデジタル現像をかけると星の輪郭がぼやけてしまいます。


2013_0131_002.gif
ぎょしゃ付近

2013_0131_003.gif
最新の調整後

見比べると一目瞭然といったところでしょうか。
レベル値の3Dみたなのが最近の調整後では不自然になってます。
斜鏡側面の見え方の違いといいこの歪なフラットと・・・まだまだ未熟でした。

側面の見え方が違っても良像が得られる調整があるだろうと思っていました、それはありえないのかもしれませんね。
くそ~イプは奥が深い。
スポンサーサイト
フラットを制すれば 
2013/01/30 Wed 00:11
CATEGORY【機材】
画像処理というのは本当に奥が深い、いろいろな加減が難しい。
それでも練習する素材も無かったので最近はなかなか充実しているのかもしれません。

今日は光軸調整の日ですわ。

といっても、少し弄ってはフラットを撮り、また弄ってはフラットと言葉では簡単にかけるけど、かなり地味でめちゃくちゃ面倒くさい作業をやってました。


2013_0129_001.jpg

これは画像処理が上手くいかないぎょしゃ付近を撮影した時撮ったフラットです。
ぎょしゃ付近は自宅だったので写りはそれほどではなかったのですが、星像が良くイプで撮影してきた中ではベストな撮影でした。
撮影前は端と端でピント位置が違っていたので、光軸調整は完璧ではなかったのですがスケアリング補正リングで上手く辻褄を合わせて撮ったというのが本当のところです。
syoshi-さんの言うようにフラットの等光度曲線が良い状態は星像も良いという言葉通りでした。

なら等光度曲線だけに集中してやってみればと単純に考え見たくなってきます。

今の光軸調整レベルでは現地前にテスト撮影を行えなければ不安でしかたがないので、ちょっと運まかせなところもあります。なら究極までに等光度曲線を綺麗にして、現地ではわずかに端と端のピント位置の違いをスケアリング補正リングで調整する、そんなことが出来ればね、最高じゃん。


で、地味をやっているのです。


2013_0129_002.jpg

これは一見ある程度光軸調整がされていると思われますが、微妙~~に歪です。
この微妙さの見極めが大事なんではと感じているのです。
等光度曲線だけで斜鏡の状態を想像してみると、斜鏡が左右に傾き、その傾きを回転で補っている。だから中心はほどほどに来ているけど像は少し右上がり。


2013_0129_003.jpg

なので、斜鏡の傾きを少し変えて、それに伴い斜鏡を回転調整してみたのがこのフラットです。
これでもまだ像は右上がりですが結構良くなりました。

偶然かもしれませんが、等光度曲線=斜鏡と考えれば結構上手くいったりしないでしょうか。
光学的に当たり前だったりするんでしょうねこれって、中心の左右の位置は斜鏡の回転、像は傾き、上下は起き上がりなので。
でも気になるのが、この状態で斜鏡の側面確認をすると左右違うのです。
いや~悩ましい。

明日晴れたらテスト撮影でもしようかな。
星の表現は難しい 
2013/01/25 Fri 23:00
2013_0125_001.jpg

撮影機材:ε-180ED (f=500mm F/2.8),EM-200 Temma2M
使用カメラ:ML8300
露出時間:L=5分×17,RGB各10分×2
撮影場所:自宅

今日は画像処理がしたい気分だったので、以前(1月4日)に撮影していたぎょしゃ座付近のを処理していました。

いや~星がいっぱいのところって難しいですね、星雲を持ち上げながら星は大事に、と考えながら処理するのですが、拡大して確認すると星の輝きが不自然になってるのです。
まだまだ画像処理のスキルを磨かないといけませんね。

M38をもっと綺麗に表現したいのにな~
プリントむずかしす 
2013/01/24 Thu 22:25
CATEGORY【機材】
最近ちょろちょろっとプリントをやってます。
今年はフォトコン復活するぞってことで。

年末プラチナグレードの用紙をスリップしてしまうというオイオイ大丈夫かよ状態のPro9000mk2だったのですが、何回かプリントしているうちに調子を取り戻してくれました。
それじゃぁ今の状態を思い出そうと自作プロファイル(2年前作成)でグレースケールを印刷しようとしたのですが、PSでプリントをする方法をすっかり忘れていました。
相対的・・・、黒点を補正、なんだっけそれ(笑)


2013_0124_001.jpg

と、まあ思い出しながらプリントしてSpyder PRINTで測定したものがこれ。


2013_0124_002.jpg

プリントしたものを撮影し、彩度+95したものがこれ。

ぶっちゃけ青いっす!

昔の自分よ何を考えて作っていたんだ。


2013_0124_003.jpg

でも、1年以上前にプリントしたオリオンは案外綺麗でした。


2013_0124_004.jpg

最新プリントでは残念な結果に。

確か染料プリントの長期間変色していくのを見越して作成したプロファイルだったと思われるのですが、こんなにも青が強かったのですね。
本当なのでしょうか実はプリンターが調子悪くなっているだけなのでは、これは悩ましいです。

もし、このプリントが時間経過による青の落ち込みを見越したものだったとして、このプロファイルを使用しフォトコンに応募したとするとどの時点で評価やスキャンされるのでしょうかね。
青々してるのでしょうか、それだったとしたら失敗だね。

色々考えているとよっちゃんのPRO-10いいですよの言葉が。

いいかもねPRO-10。

マズイなこりゃ
LEDビュアー 
2013/01/23 Wed 21:51
CATEGORY【機材】
ε-180EDの光軸調整に使う為のライトボックスを購入しました。
今まで使っていたものはUSBから電源を取れるので、現地でもパパッと使え便利と思い購入したのですが、なんというか光量が弱いというか、一番安いLEDトレーサーなので仕方が無いというか・・・

とにかく調整出来るぎりぎりのものでした。


2013_0123_001.jpg

ということでLEDビュアーを購入しました。
ヤフオクで激安ライトボックスという手もあったのですが、やっぱ軽くてカッコいいのがいいのです。


2013_0123_002.jpg

明るいです。
超高級な演色性のものではないのですが、5000Kの光はやっぱ落ち着くわ~
右の安物トレーサーは何でしょうねこれ・・・

調子にのって光軸調整をしましたが、明るくて目がショボショボになってしまいました。
しかも、β-SGRのテンションが緩んでいたのを気付かず調整したので迷走
また明日がんばろう。
擬似主鏡2 
2013/01/22 Tue 22:26
CATEGORY【機材】
2013_0122_001.jpg

以前撮影したぎょしゃ座付近の処理をたまにしているのですが、なかなか上手く行きません。

画像処理ってホント難しいですね。

物作りをしている時が一番楽しいやw


なんとなくですが、擬似主鏡を作り直しました。
以前のものでも全然問題なかったのですが、今回のは透明な塩ビシートで作ってみました。
いつものように中心点を決めて位置決めの為の同心円をノギスでキズを付けてねじ穴部分に穴を開けるだけです。
僕はこれで斜鏡の95%程度の位置決めをするので結構重要ツールなのです。本物の主鏡でするほうが良いのかもしれませんが、主鏡を付けると斜鏡のセンターマークが見えにくく合っているのか良くわからないのでこの状態で斜鏡の調整を行います。
斜鏡のクセを理解しいつもと同じ状態に組み上げる事ができる見易さの方が重要だと思っています。

イプって楽しいですね。
馬頭ですが・・・ 
2013/01/13 Sun 23:25
2013_0112_003.jpg

撮影機材:ε-180ED (f=500mm F/2.8),EM-200 Temma2M
使用カメラ:ML8300
露出時間:L=10分×11,RGB各10分×2
撮影場所:自宅

12日に撮影した馬頭星雲です。
先週撮影した対象は他にもあるのですが、これが一番空の条件が悪かったので先に処理しました。
シャープさがありません。

「いえいえ、そんな事ないですよε-180EDはすごいですね」

なんて言葉は嫌いなのです。

ε-180EDの性能はこんなもんじゃ無い!

空が悪かったのかな。
光軸調整が悪かったのかな。

オコタでぬくぬくしてて良いものは撮れないということかな。
本気で冬の遠征考えてみようかな。



~追記~

風呂上りに見てみるとなんか微妙なカラーバランスだったので修正しました。
星の表現をもうちょっとどうにか出来ないかを今日は考えよう。
やっぱ作り直しました 
2013/01/12 Sat 21:43
CATEGORY【機材】
2013_0112_001.jpg

20μmとはいえスケアリングがズレているのはやっぱきになるので作り直しました。
計算では15度回転させる事により0.10mm補正できる事が分かったのでやってみたのですが、ほぼカメラのセンサーのスケアリングは解消されました。
これにより4隅のピント位置の違いはスケアリング補正リングで行うことが出来ると考えています。


2013_0112_002.jpg

只今撮影中~

撮影機材:ε-180ED (f=500mm F/2.8),EM-200 Temma2M
使用カメラ:ML8300
露出時間:L=10分×1
撮影場所:自宅

自宅だとこれが限界かな。
2013/01/10 Thu 22:55
CATEGORY【機材】
なんか週末の天気いまいちですね。
こちょこちょと手を加えている望遠鏡の試す機会があればいいのですが。

光軸調整友の会でいろいろと学び時間があればε-180EDの光軸調整をやってます

最近思うのです。

ようやくε-180EDのこと少し理解できたかも・・・と。


偶然光軸が合って調子に乗ってますがなw


2013_0110_001.jpg

一先ずやったことは
センタリングチューブのラインを交換しました。
ここは気持ちの問題なのかもしれませんが、なるべく細いものにしたかったので、鮎釣りをしている知り合いに持っている一番細いのちょうだいと言ったら。
0.125号のもので、59μmのを頂きました。
細いですね~切ったものを見失うほどです。
でも、見やすくなったのかどうかは?です。


2013_0110_002.jpg

そしてこんなのを作りました。
使い方は。


2013_0110_003.jpg

こんな感じで。


2013_0110_004.jpg

ぺたぺたと貼っちゃいます。
これは冷却CCDとフィルターホイールの間に貼っているのですが、スケアリング調整をしているのです。

雑な作りですが、良い方法が思いつかなかったのです。

これはよっちゃんに教えていただいたのですが、スケアリング調整リングはイプの光軸調整で調整仕切れなかった部分に使用し、カメラの持っているスケアリングズレは他の方法で解消しておくというものです。

僕のML8300はもともとの製造工程でセンサー対角で0.30mm程度傾いています、それをダイイチさんに作成してもらったスケアリング調整リングで補正していたのです。
イプの光軸調整はどんなにがんばっても今の僕の技術では完璧には調整しきれません。
調整→テスト撮影→調整→テスト撮影・・・と追い込む事で良くはなるのですが、最近の天気ではテスト撮影もあまりできないのが現状です。
晴れずに新月突入ということも多く、昨年は良い空の下で泣いた思い出もあります。

ある程度光軸調整が出来ているなら、4隅のピント位置の違いはスケアリング調整リングで行うことで妥協する。

さすがです。


2013_0110_005.jpg

使ったのは0.08mmのアルミシールを25mm間隔で枚数を増やしていきました。
いつもスケアリング調整を行っている方向に勾配を付けてみたのですが、完成後コリメーターで確認してみると、違う対角の端に0.1mmのシムを挟まないと合わない事がわかりました。

15~30度勾配の角度を変えないといけないみたいですね。

でも端で0.1mmなのでセンサー部分ではそれ以下(計算上はセンサー長辺20μm)だろうことと、作り直すのが面倒くさいのでこのまま使用することにします。


撮影がしたいぜぃ。
光軸調整友の会 
2013/01/06 Sun 20:08
CATEGORY【機材】
昨日はsyoshi-さんの宅で光軸調整友の会が開催されるということで行ってきました。
僕が着いた時にはRつさんはすでに到着されていて、その後すぐによっちゃんも到着しはじまりはじまり。


2013_0106_001.jpg

これが見たかった。
MacBook Pro Retina
こりゃすごいわ。
Rつさんも、今のパソを売って買い換えるかと言っていました。

確かにソフトがdot by dotで表示させた時の文字は恐ろしく小さい、でもそれは解像度変更できるようで問題ないみたいです。
ここに写っている壁紙は僕も気に入って覚えていたのですがMacBook全然違いました。
紅葉した葉っぱのディテールも表現されていて、1920x1200のものを見返してみても違いは歴然でした。
いや~これは物欲心を・・・


2013_0106_002.jpg

よっちゃんの発電機が動かなくなったとのことで皆さんでチェック。
僕は、横から「~したほうがいいんじゃない。」「たぶんそうです。」とか言うばかりで何もやってません(笑)


2013_0106_003.jpg

イプの記念写真を撮り。


2013_0106_004.jpg

おのおの光軸調整。
調整後人の光軸をのぞきにいっては確認を繰り返す覗き魔軍団です。


2013_0106_005.jpg

Cats Eyeは僕には良くわかりませんでしたが、syoshi-さんとよっちゃんはそれを改良しようとがんばってます。


2013_0106_006.jpg

最後に夕食をいただきました。
実はお昼もご馳走になりsyoshi-さん、奥さん本当にありがとうございました。
楽しい時間はすぐに過ぎてしまうものですね、昼前に着いたのですが、帰る頃には22時も過ぎていました。

さて自分のイプはというと・・・調整してはsyoshi-さんにダメだしされてました(笑)
一人で調整している時はもう完璧なんじゃと思っていても、僕が見ていない確認ポイントでは不自然になっていたりと、まだまだ先輩には敵いません。

さて、今日もいじろうかな。
初撮り&初ライド 
2013/01/03 Thu 00:07
昨夜はオコタか星かすご~く悩みましたが、撮影しました。

2013_0102_001.jpg
斜鏡短辺⇔カメラ長辺

撮影機材:ε-180ED (f=500mm F/2.8),EM-200 Temma2M
使用カメラ:ML8300
露出時間:L=5秒

パッと見は良さそうなのですが、左右で少しピント位置が違うきがしたのですが、途中から曇ってきたので正確な確認は出来ませんでした。
でもハッキリいえることは完璧ではないです、この画像では分かりにくいですがデジ現をかけると星の下部の輪郭がぼやけてしまいます。
これはどうにかしたいです!


そして本日初ライド行ってきました。
しかも丸一日。


2013_0102_002.jpg

2ヶ月近く走っていなかったので、本当に疲れました。
途中の下りで山に突っ込みかけるし、冬はタイヤのグリップが出ないので気をつけないといけませんね。
しかも寒いので少し膝が痛くなってしまった。

走行時間:8:07:20
距離:135.9km
エネルギー:4618kcal
平均速度:20.7km/h
最大速度:52.5km/h
平均ケイデンス:70rpm
いぷ 
2013/01/01 Tue 16:45
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

今年は



うし

とら



たつ


2013_0101_001.jpg

ということで今年はε-180EDの年で行きたいとおもいます。
そして2年ぶりに天文雑誌に投稿するぞ!

しかし、もう2年って・・・サボりすぎ。

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。