スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
晴れない 
2010/08/31 Tue 21:14
CATEGORY【機材】
2010_0831_002.jpg

なんだ、
晴れないじゃん。

こいつのテストをしたいのに・・・

自宅のアルミホイルは11μmか、
こいつをあそこに挟めば光軸調整出来ないかな(ボソ

スポンサーサイト
もくもく 
2010/08/31 Tue 19:36
2010_0831_001.jpg

今日は晴れそう
と思っていたら
もくもくもく

でもまた晴れそう。
2010/08/29 Sun 22:37
CATEGORY【機材】
さーここからが本番。
でも、テスト結果が良くないからそっとスルーしたい気持ちだが。

結論、レデューサーは難しい。
終了。
・・・と。


2010_0828_rd_7d_0.jpg
FSQ-106ED f=385mm EOS 7D 0°

2010_0828_rd_7d_90l.jpg
FSQ-106ED f=385mm EOS 7D -90°

やはりというか、光軸orスケアリング問題が出ています。
直焦点でバッチシだったのが嘘のようですね。
ワイドマウント、7Dに問題が無いとするとやはり光軸だろうか。
ML8300でスケアリング調整板をかましても星像が良くない箇所があるのはやはりこれかもしれない。

こうなればレデューサー本体を調整するしかない。
とはいっても、レデューサーのテーパを緩め本体を回転させ、
あたりのいい箇所を探すということしか出来ませんが・・・

適当に180°程度回転させてみました。


2010_0828_rd2_7d_0.jpg
FSQ-106ED f=385mm RD180° EOS 7D 0°

2010_0828_rd2_7d_90l.jpg
FSQ-106ED f=385mm RD180° EOS 7D 90°

はじめよりは良くなりました。
僕のFSQ-106EDの調整はこの程度です。
右下が悪いのでもう少し良い箇所を探す必要がありそうですね。


2010_0828_rd2_ml_0.jpg
FSQ-106ED f=385mm RD180° ML8300 0°

ML8300に付け替えたのがこれです。
2.0mmスペーサー+1.0mmドローチューブ+0.3mmスケアリング調整板
やはりというか、右下がすごく悪いです。
でもね、実は星像は良くなってほぼ全面真円になってるのです!
これはもう少し探る必要はありそう~

ここからは一番重要。
ピント位置です。

7D
56.100+0.967=57.067mm

ML8300は2.361+(2.0mmスペーサー)+1.0mm(ドローチューブ)
55.600+5.361=60.961mm

60.961-57.067-1.333=2.561

補正レンズが入っているので直焦点の時の2倍程度ピント位置が変わってます。
これじゃ究極じゃないだろう!

てなことで直焦点で出た不足分1.3mmを補正レンズ後に入れてみることにしました。
ぴったりなスペーサーリングが無いので結構適当にかましました。


2010_0828_rd2+13_ml_0.jpg

あら不思議0mmに近づきました。
ドローチューブを1.0mm移動させているので、
実際は1.246mm付近です。
これは7Dのピント位置にすごく近づいたことが分かります。
やはり1.3mm程度カメラ内部で光路長が延長されている気がします。

結論
補正レンズ後56mmで最高の性能がでるのなら。
ML8300では1.3mm程度の光路長補正が必要なのではないでしょうか。

いや~疲れた。
僕はこの数値を元にテーパマウントの作成をお願いしようとおもいます。
間違ってたら注文する前に教えてください(笑
2010/08/29 Sun 20:00
CATEGORY【機材】
β-SGRを購入しフォーカス解析に惚れている。
これは写真全体でジャスピン位置を測定してくれるという機能です。
もしスケアリングのズレがある場合ピント位置が変わるので、
この機能を使えば補正の目安に出来ます。

僕はあくまでピント位置をスケアリングのズレと判断して補正しています。
光軸の場合は?・・・調整出来るかどうかも知りません(笑

使い方は簡単。
フォーカス解析ボタンを押して、サンプル開始するだけです。

数日前のテストでは、カメラを回転させなかったこと。
ドローチューブを移動させた方向を忘れたという、
なんとも情けないテストでした。

なのでリベンジです。


2010_0828_7d_0.jpg
FSQ-106ED f=530mm EOS 7D 0°

2010_0828_7d_90.jpg
FSQ-106ED f=530mm EOS 7D 90°

直焦点で7Dでのフォーカス解析結果です。
今回はISO1600 3秒でサンプルしたので、
星が多く写ってくれて情報の正確さもアップしたと思います。
カメラを90°回転させてズレが鏡筒なのか、カメラなのかもチェックしました。
ま、だいたい50μmにおさまっているのでいい感じでしょう。
難しいことは抜きってことで。


2010_0828_ml_0.jpg
FSQ-106ED f=530mm ML8300 0°

2010_0828_ml_90.jpg
FSQ-106ED f=530mm ML8300 90°

さて問題のML8300ですが、
ドローチューブを動かさなくていいように、2mmのスペーサーをはさんでいます。
今回ももちろんスケアリング補正用に0.3mmのアルミ板をはさんでいますが、
補正量を少なくする為に、少し外側に配置してみました。
90°回転させても変化することは無く、これがフィルターボックスかカメラで
ズレている事がわかります。

この結果からも、僕のML8300では0.3mm程度の補正が必要と考えられます。
第一無線さんのスケアリング調整リングでと考えていましたが、
最大0.2mmまでしか調整出来ないみたいなので使えません。
でも、一応対策は考えています。
テーパマウントが完成してからテストします。

もう一つ7DとML8300のピント位置の違いですが。

7Dでは1.048mm
ワイドマウント(12.1mm実測)、カメラ(44.0mm)
56.100+1.048=57.148mm

ML8300は2mmのスペーサーをはさんでいるので、2.000+2.268=4.268mm
テーパ・マウント60(18.0mm)
フィルターボックス(20.6mm)
カメラ(17.0mm)
55.600+4.268=59.868mm

フィルターによる光路長延長が4mm/3=1.333

59.868-57.148-1.333=1.387mm

カメラ内部で1.387mm光路長延長されているみたいだ。
センサーまでの距離が正しいなら、4mm程度のガラスの補正量ですね。
今日は計算合ってるかな?

FSQ-106EDが56.0mmで最高の性能が発揮されるとすると、
冷却CCDの図面の寸法だけで光路長を出してもこの1.3mmが抜けている。
直焦点では関係ないが、補正レンズが入るならこれを無視していいのだろうか。

さて、次はレデューサーのテストを書こうとおもいます。
2010/08/27 Fri 22:22
CATEGORY【機材】
今日はずっと気になっていた。
昨日のピント位置の計算何かおかしい。

7DからML8300にカメラを交換するとドローチューブのせり出しは多くなるはず。
昨日の計算では短くなっていた。
そんなはずないだろう。

ひょっとして、ダイヤルゲージの読みは3.0mmせり出したのが正解なんじゃ。

なら7DとML8300のピント位置の差は3.370mm
フィルターでの光路長延長が1.333mmなので、
3.370-1.333=2.037mm

2.037mmカメラ内部で延長されている。
センサー位置が図面と違うのか、ウインドーガラス等によるものか、

はたまたテストした自分がボケていたのか(これが一番怪しい

なぞは深まった。

明日晴れたらもう一度テストしよう。
がっつりテスト 
2010/08/26 Thu 21:00
CATEGORY【機材】
昨夜は晴れ。
でも満月過ぎなので撮影は出来ません。
こういう時はもちろんテスト撮影、
FSQの性能を出し切るために日々努力です。

とはいったものの・・・
テスト撮影って面倒くさくてやる気が出ないのが本音。

今回のテストは、
①スケアリング直焦点ではどう?
②デジ一と冷却CCDのピント位置は?

この2つを確認してみました。
まず①、はっきり言ってカメラのスケアリングのズレを確認するには、
普通直焦点で確認するべきですよね。
僕はレデューサーを付けてスペーサーを作ってしまいました。


2010_0825_003.jpg
EOS 7D フォーカス解析

2010_0825_002.jpg
ML8300+0.3mmスペーサー フォーカス解析

う~ん、ほんとβ-SGRのフォーカス解析はいい!
これを手作業でやったらどんなに時間がかかるだろうか。
機械が同条件で評価してくれることが大きい。
実際の撮影ではまだ手動でピント合わせしてますけど(笑

7Dでのフォーカス解析
露出不足で解析にかかった星の数が少なくなりましたが、
さすがはキヤノン!
なんとフラットなピント位置なのだろうか。
これだけで判断するのは危険だが、鏡筒⇔カメラ間は完璧だ。

ML8300+0.3mmスペーサー
これまた、なかなかです。
心配していたスペーサーとのマッチングもいい感じです。
前のレデューサーの結果もふまえると、もう少しスペーサーを薄くする方がいいと感じました。


②デジ一と冷却CCDのピント位置に関して。
これはよっちゃんから指摘されたことで、確認してみようと思いました。
よっちゃんの過去の記事にその必要性が書かれているように、
補正レンズ後の光路長は星像に大きく影響します。

でもこれって、FSQがキヤノンの56mmで最高の性能が出るという前提ですが。

7D
ワイドマウント(12.0mm)+カメラ(44.0mm)=56.0mm

ML8300
テーパー・マウント60(18.0mm)
フィルターボックス(20.6mm)
カメラ(17.0mm)
フィルター4mm/3(-1.3mm)=54.3mm

とすると、7D→ML8300に交換した場合、ピント位置は1.7mm短くなるはず。

フォーカス解析のデータから、7Dの初期位置は1.000mm。
ML8300は1.370mm(ドローチューブ3.000mm短縮したので)-1.630mm
2.630mmの差になりました。
1.7mm引くと0.930mm
0.930mm7DとML8300の光路長に差がでました。

これはよっちゃんとも話をしましたが、ML8300のウインドーガラス等かな?

この差が星像に影響する可能性もあるので、補正する必要はありそうですね。
もう一度同じ事をチェックしてみようと思います。
ドローチューブを触った時にダイヤルゲージの読み間違いもありそうなので。

は~相変わらず分かりにくい文章だ。
そんなのどーでもいいよって人は、この写真だけ見てね。

2010_0825_001b.jpg

撮影機材:FSQ-106ED (EX F=850mm F/8),EM-200 Temma2M
使用カメラ:EOS 7D,ISO100
露出時間:1/400秒

おっきいの
ttp://phenil1259.web.fc2.com/blog/2010_0825_001.jpg
ごめんよX2 
2010/08/24 Tue 22:37
CATEGORY【機材】
デジ一の縞ノイズが消える!
衝撃的なことをふうまさんからメールをいただき、
T-Fixさんのページを拝見しました。
確かに縞々が消えている。

でも僕はこういうことは自分で確かめないと信じない。
ということで僕もやってみました。

方法はT-Fixさんと同じです。
簡単に言えばフラットを撮影時のISO感度で撮影するのみらしいです。

2010/01/17のデータを使用しました。
撮影機材:FSQ-106ED (f=530mm F/5.0), EM-200 Temma2M
使用カメラ:SEO-COOLED X2(LT), ISO800
露出時間:15分×8

なのでフラットをISO800で撮影するということですね。


2010_0824_001.jpg

消えている!
すごい。
冷却CCDのバイアスを引いて出来た画像みたいだ。
フラットの違い、適当にカラーバランスをとったので若干出来上がりは違いますが、
明らかに縞々は無くなっています。


2010_0824_002.jpg

こちらが縞々でお蔵入りした写真。


2010_0824_003.jpg

結論

ごめんよ~X2(笑
間もなくスタート 
2010/08/22 Sun 14:48


今日はSUPER GT決勝日。
天気は嫌なほど晴れてます、少し風があるのが救いですが、むちゃくちゃ暑いです。
もうすぐレースが始まるのですが、この時が一番待ち遠しいく楽しみな時でもあります。
今年はどんなレースなのだろうか。
小林可夢偉選手きたー 
2010/08/21 Sat 19:52


可夢偉選手がきましたー
本当ま近にいます。

鈴鹿と月 
2010/08/21 Sat 19:31





鈴鹿満喫。
今から小林可夢偉選手壮行会が始まります。
これも土曜の楽しみです。

今日の戦利品 
2010/08/21 Sat 17:29


山野選手、佐々木選手サイン入りキャップ。
RE雨宮を応援していますが、山野選手は昔から応援しているので、いいのである。
到着! 
2010/08/21 Sat 13:00



鈴鹿サーキットです!
ポッカポッカ。
アツアツですがな。
行ってきます。 
2010/08/21 Sat 09:34



どこに?

ナロー(ウソ 
2010/08/19 Thu 18:23
17日は平日ですが撮影に行きました。
今月チャンスこの日しかない!と意を決して。
同じくふうまさんも撮影に行かれるとのメールで、
僕も護摩壇山に行きました。

撮影地に着くと予想以上の快晴。
月没まで機材をセッティングし待つことに・・・

いつも思うが、もう少し現地の写真を撮ろう。
どんな状況がさっぱりですね(笑

何を撮るかは決めていました。
北が光害の影響が少なければSh2-171、ダメならM31です。
昨夜は北が撮れそうだったのでSh2-171を狙うことにしました。

いろいろ計算しL=5分×24枚、RGB=9:9:12×3枚撮ってみようと思ったのですが、
そこはお決まり。

作業どんくさいし・・・

薄明までにL=20枚、RGB=3:2:2枚で終了。

しかも次の日は仕事だったので、機材を片付けたあとは早々に帰宅してしまい、
ふうまさんとはゆっくり余韻を楽しむことはできませんでした。

撮影中星空を見上げていると新たな物欲が

t-maruさんのイスいいな・・・あのPCも(ボソ


2010_0818_001.jpg

撮影機材:FSQ-106ED (f=385mm F/3.6),EM-200 Temma2M
使用カメラ:ML8300
露出時間:L=5分×20(中心をトリミング)

淡い!のか?
強調すると結構ザラザラになります。
ががーっと処理するには、もっともっと露出が必要ですね。
インドアで行こう。 
2010/08/15 Sun 17:57
2010_0815_001.jpg

撮影データがもう無いので、そろそろ撮影したいなと思ってもこんな天気です。
参ったなこりゃ。

こういう時は、クーラーの効いた部屋で、
モータースポーツを観ながらパソコンでもいじろう。
今日はインディ~ミッドオハイオ~を観よう。


2010_0815_002.jpg

こんなのを買ってきました。
これは、簡単に言うと内蔵のHDDを外付けHDDの様に使うものです。
僕はHDDを交換すると余ったHDDをバックアップ用に使います。
今までもこの様な製品を使用していましたが、
結構前のだったのでBig Driveに対応してなく250Gの大きな容量の余ったHDDが使えていませんでした。


2010_0815_003.jpg

使い方は簡単。
挿すだけです。
これで外付けHDDの完成です。

今使用しているメインPCのHDDも2年強、
そろそろ1T程度のを2台でRAID1(ミラーリング)で組もうかな。
Seagate ST3500320NSとはいえストライピングじゃ・・・
速度重視のセッティングはもう車でも流行らないしね(笑
はぁうっとり。 
2010/08/14 Sat 12:44
2010_0814_001.jpg

サドルが完成に近づいたのでプリントをしてみました。
最近は自分の納得のプリンタプロファイルが出来上がったので、
まずまず思い通りのプリントができます。

この写真はプリント後30分程度乾燥させた時のですが、
この時点では6500Kのモニタで見た感じと良く似ています。

その後1~2日経つと青が下がり緑が上がってくるのですが、
この変化が染料の難しいとこです。

これはどこへ応募しようかな~

しかし、今日は天気が良くないですね。
護摩焼肉どうなっちゃうんだろう。
今日は終了 
2010/08/08 Sun 18:07
2010_0808_001b.jpg

大きいのはこちら
http://phenil1259.web.fc2.com/blog/2010_0808_001.jpg

疲れたー
久しぶりに長時間画像処理をしました。

赤ばかり見ていたので、カラーバランスが分からなくなります。
ということで、今日は終了です。

今回冷却CCDでの撮影は2回目ですが、
やはりL画像を撮影できることがいいです!
5分を11枚なので55分の露出時間だったのですが、
モチベーションが下がるようなザラザラではなく、
ノイズ処理などは必要ないです。
淡い対象ではこうはいかないでしょうね。

RGBは冷却CCDだから色が出るって事は無さそうです。
カメラを変えれば美しい写真が撮れると少し思っていた僕は甘あまでした。
でも、CCDの感度やフィルターの透過特性に合わせて露出時間を変えれるのはいいですね。

疑問はカメラで2x2ビニングとソフトビニングの差です。
カメラでの2x2ビニングすると、解像度が1/4になるわけで、
どうも星の位置精度というのか気になってます。

なので次回撮影で試したいことは、
ビニング無しで撮影します。
ソフトビニングを試してみようと思ってます。

2010/08/13
ちょびっと修正により差し替え
なまってますじゃ 
2010/08/08 Sun 00:02
久々の星ネタ。
ツール・ド・フランスやらiPhoneとかでサボってました。

実は8月17日に撮ったサドル周辺が上手く処理できず、
見ないようにしていただけなんですけど・・・

今晩は少し涼しくなにやらやる気が沸いてきたので
一気に処理してみました。


2010_0807_001b.jpg

う~ん、まっかっかですね(笑
これ以上大きい画像はもう一度処理をやり直してからということに。
前作の北アメリカのノウハウを活かしていない気がするし。
やはり、なまけてはいけませんね。

撮影機材:FSQ-106ED (f=385mm F/3.6),EM-200 Temma2M
使用カメラ:ML8300
露出時間:L=5分×11,RG=各9分×2,B=12分×2 (Binning)


この撮影ではもちろん以前作成したスケアリングの調整板をはさみました。
フォーカス解析の結果はまずまずだった気がしましたが、
星像は全面点像とまではいきませんでした。


2010_0807_002.jpg

L=5分×1枚 レンジ5000

でも、これなら十分納得がいく撮影が出来そうです。
左下をもっと良く出来れば完璧なのにな~

iPodとして 
2010/08/01 Sun 19:09
CATEGORY【機械】
最近めっきり天文ネタをしていない
いえ、けっして止めたわけではありません。
iPhoneさわりまくってるだけです(オイ

今日はiPodとナビとの連携を試しました。
先日マイカーナビ AVIC-VH009に
iPod接続ケーブルを取り付けたのですが
それにiPhoneを接続します。


2010_0801_001.jpg

と、その前にiPodは初めて使ったのですが、
どうも好きになれない。
アルバムで聞きたい時でも、mp3のタグのアーティスト名が異なると同じアルバムの中に入ってこない。
iTuneではフォルダの概念が無さそうなので任意のグループを作るのにはプレイリストを作るしかないような・・・
その辺馴染めないでいます。


2010_0801_002.jpg

繋いでみると何やらあやしいメッセージが、
気にせず了解。


2010_0801_003.jpg

これは事前に調べていたいたので出るのは分かっていましたが、
充電できないのはちょっと不便ですね。


2010_0801_004.jpg

でも、ナビできちんと認識しました。
しかもiPodで再生している続きから再生されるのですね。
これはいいね!

ナビにはHDDの領域に音楽を入れておけるのですが、
実はすごく転送が遅く、だんだんと使う気が無くなってきていました。
そこでiPodの購入を検討していたのですが、
iPhone4が利用できるか不安でした。
充電以外は普通に使えるようなので安心しました。

う~ん、あいぽん万歳です!

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。