スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2010/06/27 Sun 22:59
2010_0627_001.jpg

この風景。
はじめてなので撮りました。
皆さんのブログで見ていましたが、とうとうやってきました。
西はりま天文台。

そうCANP'10に参加してきました。

僕は西はりまもCANPもはじめてだったのですごくドキドキでした。
T-WAPからはsyoshi-さん、ふぶぶさん、ふうまさんの参加、
そして夜には飛び入りでRつさんも参加でした。

講演内容はちょうど冷却CCDを購入した時期でもあったので、
すごく興味深い内容で、展示しているみなさんの写真を見せてもらったことも良い刺激になりました。

夜にはRつさんも参加し遅寝部屋はエアコンがきかないほどの熱気。
よっちゃんとsyoshi-さんはイプを分解し光軸合わせ。
反射使いの人は興味津々で眺めていました。
見ているとなかなか難しそうですが楽しそうでもありました。
いつか使ってみたいです。

僕にとってはT-WAPの人たち以外ははじめてだったのですが、
そこは同じ趣味、すぐに気軽に話ができます。
おもしろいなー!
日本中違う場所、できるだけ光害の少なく、天候の安定する場所を各々探し、
愛した機材で撮影を楽しむ。
やってることは同じなんですよね。


2010_0627_002.jpg

CANPが終わり皆が散り散りになっている時に僕は一人なゆた見学。
貸切状態ですがな。

かっこいい!
でかい、すごい重量感。
動いている時はどんな音なのだろう。
想像するだけでわくわくする。

とまあ、楽しい2日間でした。
CANPの実行委員の方々、本当にありがとうございました。
お疲れさまです。
スポンサーサイト
ずっと画像処理 
2010/06/23 Wed 19:14
ずっと北アメリカ星雲の画像処理をしていました。

LRGBの処理っておもしろい!

デジ一の時は縞のノイズも有り、
こんなものかな~ザラザラしてるし縮小してアップして終了っ。
なんて、流れ作業的に画像処理をしていました。
そう!僕のやる気はノイズによりそがれていたんだ(笑

でもこのカメラを買ってノイズに関した悩みは無くなりました。
L画像がすごく滑らかなんです。
自分で撮った画像をこんなに眺めたのは久しぶりです。

今回はよっちゃんに星の色の出し方のヒントをもらい、
いろいろと試しながら処理してみました。

何回ステラ、MaxIm、PSを行ったり来たりしたことか。
わからないのが2x2ビニングで撮影した場合の星位置(アライメント)
をいつ行うのかです。
はじめはFitsの状態でダブルサイズにして、L画像と一緒にアライメントしたのですが、
RGBのノイズ処理とかはダブルサイズにしない方が処理しやすい気がしました。
どうするのがいいのでしょうか?

でも、だんだんと分かってきました。
すごく楽しいですよー。


明日は晴れる予報ですがどうなんでしょう。
梅雨明けするまでこの画像で練習しまくろうと思ってます。
しつこくこの対象載せそうです・・・

2010_0623_001b.jpg

大きいのはこちら
ttp://phenil1259.web.fc2.com/photo/2010_0623_001.jpg
2010/06/13 Sun 21:53
さー出来上がった!
うそうそ1200pxなら目立たないので、
アップしたい衝動に負けただけ。

RGB画像の処理が難しい!
各1枚というのも理由だが、ノイズの処理、星の色の保持とまだまだ勉強しなければいけません。
でも、LRGB合成した瞬間がたまらない。
ザラザラで解像感のない画像が一気にシャープになる時です。

今回の処理は、
1. MaxImにより全画像の位置合わせ。
2. MaxImによりL画像コンポジット、RGB画像を合成。
3. ステライメージでL、RGBをデジタル現像。
4. PSでRGB画像のノイズ除去、微調整。
5. PSのLabモードでRGB画像のLにL画像を貼り付け。
6. PSでWeb調整です。

どうなんだろう?合ってるのかな。

はやぶさもうすぐ大気圏突入ですね!


2010_0613_001b.jpg

撮影機材:FSQ-106ED (f=385mm F/3.6),EM-200 Temma2M
使用カメラ:ML8300
露出時間:L=10分×7,RGB=各10分×1 (Binning)


ttp://phenil1259.web.fc2.com/photo/2010_0613_002.jpg

ベランダGPDさんのリクエストで、
レデューサーの画像を載せます。
北アメリカは50μmの妥協だったのですが、
今回の画像は0.3mmのスケアリング調整の為のスペーサーをかましています。
過補正になっていますが、以前の画像より良くなっています。
ML8300は小さいセンサーなので、調整すればきっと点像になってくれると信じて調整しています。
むふふLRGB 
2010/06/11 Fri 23:26
なんとなくLRGB合成してみました。
どういう方法と言われると、再現できません。
明日もう一度初めから処理してみようとおもいます。

画像処理に熱中していたら晴れてる!
しまった!機材を出さねば。

2010_0611_001.jpg
満足指数7/12 
2010/06/10 Thu 18:34
昨夜は護摩壇へ撮影に行きました。
Rつさんとふぶぶさんとご一緒でした。
なんとふぶぶさんは今日(10日)は普通に仕事、すごいパワフルです。
僕は昼まで起きることはできませんでした。

ML8300の遠征はお初。
先日作成したバッ直ケーブルでも問題無く動作、
これからの季節なら一晩問題なく撮影出来そうです。
温度設定は-40℃でした。
個体差もあるのかもしれませんが-30℃では、
少しホットピクセルが目立ちます。
出来るなら-40℃で撮影したいものです。

スケアリングの問題は今回は改善されませんでした。
ミスった?いや焦って撮影したから?です。
左上と右下で0.1mmの差だったのですが、今回はその中間の位置で撮影しました。
でもジャスピン時の星像はすごく鋭くぜひ手に入れたいです!


2010_0609_001.jpg

撮影機材:FSQ-106ED (RD f=385mm F/3.6), EM-200 Temma2M
使用カメラ:ML8300
露出時間:L=10分×7
50% 一部

雲の通過もありL画像は7枚のみ、
12枚以上と考えていたので少し残念です。
7枚でも50%ならすごく滑らかですが、もっと滑らかなものを見てみたいと思わせるカメラです。

撮影中はRつさんのドブでいろいろな対象を覗かせてもらい、
すごく楽しかったです。
ドブでの月もすごく綺麗で撮影しちゃいました。


2010_0610_001b.jpg

撮影機材:FSQ-106ED (EX f=850mm F/8.0),EM-200 Temma2M
使用カメラ:SEO-COOLED X2(LT), ISO100
露出時間:1/8秒×1

なんかモノクロばかりですね。
電源まわり 
2010/06/08 Tue 20:39
CATEGORY【機材】
2010_0608_001.jpg

ML8300の悩みの一つ消費電力。
バッテリーからの供給ではDC→インバーター→ACアダプター→DCとすごく効率が悪そうです。
遠征時は少しでも無駄は省きたいものです。
そこでDC→DCとするためにカメラに合うプラグを探していました。

かわうそさんのブログでプラグの紹介がされていたので、
早速千石電商で購入しました。
ありがとうございます。

パワーDIN4Pプラグと言うのですね。
モデルガン感覚の組み立て式です(笑
これからハンダ頑張ります。

と思ったら晴れている・・・



追記

2010_0608_002.jpg

完成しました~
結構1.25spの線でのハンダにてこずりました。
下手ですねこういうのは。

何回も純正ACアダプターと同じかテスターで確認し、
カメラ本体に接続し、電源ON。
この瞬間が一番緊張しました。
無事起動しどうやら問題なく動いているようです。

ダークを撮ってみても目で見た違いはなさそうです。
これでバッテリーのもちが良くなるといいな。
さー撮影だ。 
2010/06/06 Sun 20:53
いいね~このカメラ。

まず初めに思ったのは、ダウンロードが爆速です。
デジイチ主流のこの時代あのフットワークの良さは下げたくないですね。
フルフレームでも数秒、ビニングならほぼインターライン機の様に使えます。

冷却もガンガン冷えます。
マニュアルエアコンからオートエアコンに変わった気分です(笑
さすがにその分消費電力がすごいです。
冷却OFFでも2A程度、冷却ONでは4~5Aの消費します。
バッテリーを使用していますが、
DC12V→DC-AC→ACアダプタ(12V)と変換効率で無駄が多すぎ。
矩形波のインバーター使ってもいいのかな・・・
壊れたらシャレになりません。

そして重い。
β-SGRとML8300を乗せるとドローチューブのロックが甘いと動いてしまいます。

後、僕は望遠鏡のファインダーを付けていないので、
ファインダーの無い冷却CCDの導入が不安でしたが
どうにか問題なくできそうです。

ピントもデジイチでもライブビューを使用せず、
合わせていたので問題なしです。
よっちゃんに事前に聞いていたのですが、
冷却CCDでのピント合わせはβ-SGRによりデジイチよりも楽です。


2010_0606_006.jpg

もちろんファーストはM13でしょ!
打倒εですから。
空の状態がよければもう少し写りそう。
と言い訳を言ってみる(笑
ちょっとお化粧しています。

撮影機材:FSQ-106ED (f=530mm F/5.0), EM-200 Temma2M
使用カメラ:ML8300
露出時間:L=10分×1


一番困ったことが。
スケアリングの問題だった。


2010_0606_007b.jpg

撮影機材:FSQ-106ED (RD f=385mm F/3.6), EM-200 Temma2M
使用カメラ:ML8300
露出時間:L=1分×1
ttp://phenil1259.web.fc2.com/photo/2010_0606_007.jpg

テーパー部で回転させてもフィルターBOXを回転させても
傾向が変わりませんでした。
残念ながらカメラ本体の可能性が高いです。
β-SGRでスケアリング解析もしましたが、
どうやら上下で0.1~0.15mm程度ずれているようだ。
日本では考えられない精度だ・・・


それらを差し引いても、
とても素晴らしいカメラです。
ベリーワンダフルカメラですね(ボソ
ついに到着ML8300! 
2010/06/06 Sun 18:51
ついに来ましたこの時が!
そう到着したのです。

知ってるよ、前に写真載せてたじゃん的ですが。
それは置いといて・・・


2010_0606_001.jpg

この光景すごく待ち望んでいました。
人生の中で大きな買い物がありますよね。
そう、
1.望遠鏡を買うとき
2.赤道儀を買うとき
3.冷却CCDを買うとき
です。


2010_0606_002.jpg

入ってるよ!
ML8300!
間違いない僕のだ。


2010_0606_003.jpg

カッコいいー!
黒くて硬くてずっしり(笑
これを手に入れるために。
どれほどの諭吉とサヨナラしたか。

しかし、重い。
大丈夫なのかこの重さ。


もちろんカメラが来るまでただ待っていたわけではないのですよ。
皆さんのブログから良い考えは頂いています。


2010_0606_004.jpg

まずはレデューサー。
モノクロCCDになりフィルターを使用しての撮影になるのですが。
僕の購入した接続パーツではフィルターによる光路長が考慮されていません。
直焦点ならピント位置の変化ですみますが、
補正レンズではそうはいきません。
今回はパーツの測定、図面により足りない補正長を計算で出し、
ある程度近づける様にスペーサーリングを間に挟むことにしました。
最終的にはテーパーを作成してもらい、シンプルにと考えています。


2010_0606_005.jpg

もう一つはテーパー固定のボールスクリューです。
普通のよりも攻撃性が無い感じ。
傷や凹みによりスケアリング不良になる可能性を、
少なくする目的です。

さー次は撮影だ。
あんた誰? 
2010/06/05 Sat 11:06
先日のアリガタの位置変更でバランスが取れるのだろうか。
ふと機材を眺めていました・・・
冷却CCDてどれくらい重いのだろう。


2010_0605_001.jpg

う~ん。
ん?


2010_0605_002.jpg

そうそうこんな感じで
黒くて硬くてずっしり
それでいてシャープなデザイン。


2010_0605_003.jpg

でも完成形はすごく線うぃっしゅ。




2010_0605_004.jpg

ていうか、あんた誰?

アリガタ 
2010/06/02 Wed 23:31
CATEGORY【機材】
2010_0602_001.jpg

僕はFSQの固定にK-ASTECさんの鏡筒バンドを使用している。
FSQを購入し1年ほど純正の鏡筒バンドを使用していましたが、
オートガイドしてもどうしても星が楕円になってしまっていました。
でも、この鏡筒バンドに換えてからはほぼそういう悩みは無くなった。
最近タカハシからそういう人の為に新しい鏡筒バンドが発表されたようです。
いままでの純正の鏡筒バンドではまず最高のガイドは出来ないでしょう。
性能の良い鏡筒なのでそこは妥協したくないですね。

このバンドと一緒にアリガタ・アリミゾに変更しましたが、
アリガタは300mmを選択していました。
普通に使う分にはFSQとのマッチングは250mmのアリガタだろう。
なぜなら


2010_0602_002.jpg

レデューサーなどカメラ回転装置が無い時に、
鏡筒自体を回転させますが、250mm以上のアリガタだとMEF等が干渉し
回転できないのですよ。
プレートを1枚間に挟む方法もありますが、
なるべく低重心&シンプルが良いので、
1枚目の写真の様に50mmオフセットして使っていたのですが、
β-SGRでカメラ側が重くなったので、
余裕をもって本来の位置に変更してみました。


2010_0602_003.jpg

なんかだんだんすごいバランス取りになってきたなー
持ち運びする時どうも持ち難いのです。
でもね、これでもっと重いカメラでも大丈夫(笑

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。