スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
まいったぜー 
2010/04/26 Mon 23:30
この前の護摩壇で全然ガイドが上手くいかず、
いい空なのにさっぱり撮影出来ませんでした。
そんな失敗はもうするまい。
土日、月が出ていたのですが、ガイドテストを行いました。

なぜ失敗したか?
一つはガイド鏡の鏡筒バンドを締め忘れていたこと。
もう一つはガイドソフトを変更したからです。

今まではDSI II Proなので、PHD Guidingでガイドしていましたが、
冷却CCDも持っていないのにMaxIm DLを導入し
ガイドさせたのが失敗を招きました。

でも、それもこの土日のテストでバッチシ分かりました。
単にオートガイダーの出力の設定を間違っていただけという、
少しバカチンでした。


2010_0426_003.jpg

10分程度のガイドですが、いい結果ですね!
もう失敗しないぞ!
PHD Guidingでも十分なガイドを行ってくれますが、
MaxIm DLはパラメーターの設定も多く、精度も良く、
何よりCPU使用率がすごく低いので、遠征時の省エネにも貢献してくれます。
いつか手に入れる冷却CCDの制御もできるのでこれはいいですね。

しかーし、まいったことが。
昨日ガイドの原因が分かり、β-SGRでフォーカス解析でもとおもい、
直焦点530mmでピントを合わそうとするとなぜか合わない。
FSQのドローチューブをめいいっぱい引っ込めても、
合わない・・・

あれ?

β-SGRはセンターの1mmの位置だったので
0mmの位置まで縮めてもやっぱり合わない。

まいった。

FSQの直焦点のピント位置は僕の機体では、
ドローチューブのせり出し4mmの位置です。

2010_0426_001.jpg

こんな感じ。


2010_0426_002.jpg

β-SGR 150FLのカスタムリング仕様では、
こうなるのです。
レデューサーの光路長はシビアに考えていましたが、
意外にタカハシ純正の直焦点はドローチューブのせり出し少ないのですね。
3mmも長くなってました。
β-SGRを0mm位置でも後2mm縮めなければなりません。

やってしまったなー
385mm、530mm、850mmとβ-SGRで使えるとおもい、
青い奴にしましたが・・・

ま、BORGパーツでM57に変換することも出来るし、
どうにかできるでしょ~
スポンサーサイト
護摩はいいね 
2010/04/19 Mon 18:53
土曜日は晴れ!
護摩壇に撮影に行きました。
僕は一番遅い到着で、合計7人で撮影でした。
到着そうそう、薄雲がやってきて即撮影とはいきませんでしたが、
0時には快晴になり薄明まで撮影が楽しめました。

でも撮影はさっぱり。
一人
ダメだー
これかー
とか叫んでました。


2010_0418_001.jpg

あまり見せたくないのですが、
話題がこれしかないので・・・

しかもβ-SGR到着からあまりテスト出来ず、
機材をセットしてバランスがとれないことに気づく。
ひめさんにウエイトをお借りし
どうにかバランスが取れたのですが、
結果が出せませんでした。

ひめさんありがとうございます。
今度の撮影でお会いするまでお借りしときますね。

天の川も見れたし、Rつさん、みやてつさんのドブで
観望もさせてもらったので大満足でした。
次の撮影までに問題解決しておかないと!
2010/04/09 Fri 22:17
CATEGORY【機材】
2010_0409_001.jpg

今日は防湿庫でぐっすりです。
このように少しクッションで底上げすればβ-SGRに負荷はかかりません。
この写真分かりにくいですね。

昨日さっそくテストできたのですこし解説。
でも、初めてで露出時間の設定を失敗しました。
ISO1600 2秒だったのですがあまり星が写らずフォーカス解析の
結果の精度がいまいちでした。


2010_0409_002.jpg

オートフォーカスの画面です。
ルーペは200%で表示
このサイズと拡大率は変更可能です。

オートフォーカスに使用するサンプル幅とステップ幅は
いろいろと変えることはできますが、
サンプル幅0.50mm ステップ幅0.05mmが精度と必要時間のバランスが
ちょうどいいのかな。
時間は露出時間にもよりますが、1分程度でしょう。

フォーカスのサンプルの取得が終わると瞬時に推定位置に移動
音も静かで位置の再現性もバツグン!
試しに±0.02mm程度動かしてみるもその精度に驚く。
オートフォーカス後即撮影しても十分なピント位置だろう。
鏡筒の温度順応するまでの激しいピント位置の移動にはすごく便利!
もちろん、決めた数値分だけ移動させることもできます。


2010_0409_003.jpg

もう一つ、サンプルを取得すると$$index$$といtextファイルが作成されます。
これは画像ファイル名とその位置情報が保存されています。
画像に対する位置情報が保存されているので、
後でオートフォーカスに使用した画像でフォーカス解析ができます。
ここがすごい!
フォーカス解析の為の撮影ではなく、何気にフォーカス解析が後で行えるのです。
温度情報を付加してくれるともっといいのにな~
仕事に無駄が無いソフトです。
こんなにしゃべっていいのだろうか・・・

さ~もっともっと使い倒すぞ!
夢の続きへ 
2010/04/08 Thu 23:29
CATEGORY【機材】
2010_0408_001.jpg

買っちゃいました。
いろいろと悩みましたが、
やっぱり欲しいものは買えるときに素直に買おう!

そう、β-SGRです。


2010_0408_002.jpg

φ180フランジ型とタカハシから出ているリングだと、
レデューサーを回転装置無しで接続できるという利点がありますが、
ベランダGPDさんがタカハシに報告してくれたので
そのうち改良してくれるだろう、と期待して
僕はφ150フランジ型とカスタム接続リングのセットにしました。
青がいい色です。


2010_0408_003.jpg

こんな感じです。
よっちゃんの180EDもかっこよかった。
まっくんさんのBaby-Qもかっこよかった。

でもね、

自分のが一番かっこいいよ~


2010_0408_004.jpg

モータードライブ・ユニットの固定はこれが無難かな。
これだと鏡筒バンドのネジを緩められないのでユニットの固定は
マジックテープに変更しよう。


2010_0408_005.jpg

なんというマッチング。
φ150mmなので、フードのφ145mmとほぼ同径。
これなら遠征時の移送でも、無理な力もかからないよ。

ここまでくると
レデューサーの後が寂しいな・・・
やめられないっ 
2010/04/05 Mon 00:43
2010_0404_001.jpg

今日はお花見
ここの桜はまだつぼみだ
山の上だから気温が低いのかな
ここはどこだろう


2010_0404_002.jpg

広い道が通っている

どうやらここは岡山国際サーキットというところらしい

また来ちゃいました
SUPER GT 第2戦

本物のエキゾーストノート
肌で感じるとどうも止められない

それにナンバー1を決めるというのがいい
やっぱ目指すならナンバー1でしょう
目指せる対象はあったほうがいいよ


2010_0404_003.jpg

帰り道はこの車を運転させてもらいました
というか、運転させられました
でも楽しかったのでいいか
あーつかれた
妄想ちょっぷ 
2010/04/01 Thu 20:55
CATEGORY【機材】
2010_0401_001.jpg

あぁ~こんなのいいなー
撮影が楽しいだろうな

さきほどすごい風がふいていましたが
桜、散っていないだろうか
今年は長く見られると思っていたのに
大丈夫かな

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。