スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2009/12/30 Wed 14:57
CATEGORY【機材】
テスト読込みしたデータをもとに作成したプロファイルで
プリントしたグレースケールをグラフ化してみました

その前に自作したプロファイルいいですね~
まだまだ完成レベルとは行きませんが
大きな色転びも無く、同時に印刷した作品は
今までで一番バックが安定しています
Pro9000友の会の人でビシっと合ってる人は
こんな写真を見ていたのですね
これは確かに気持ちがいいです

今までは印刷後時間が経つにつれ色転びし
パッと見でも、あぁ~緑に転んでるなと判りました
今回はどの色に引かれるでもなく(実は若干赤に転んでますが)
すごく綺麗です

Spyder3Printは普通に測色することもできます
その時連続に測色した結果をtxtファイルに保存ができるのですが
Lab値でのみの出力なので
グラフにするにはRGBに変換する必要があります
今回『色出し名人』というソフトを使わせてもらいました
このソフトExcelファイルのLab値を読み込み
同じくExcelでRGBで出力してくれます
すごく便利です


2009_1230_003.jpg

全体的に下がっているのが気になりますが
大きな波も無くなかなかじゃないかな~


2009_1230_001.jpg

プロファイルの特性とプリント結果の両方を見ると
いろんなことがわかりますね
プロファイルの段階でL50付近で青が高く、
やはりプリント結果でも120付近で青が高くなってます
用紙の影響は全体で青が高くなる傾向と判断すると
プリント結果をプロファイルからある程度想像できますね
スポンサーサイト
テスト作成 
2009/12/29 Tue 21:00
CATEGORY【機材】
マイPro9000MarkII専用プロファイル
テストで作成してみました
よっちゃんさんのアドバイスのあった絶対グレーもチェックしました
最終のプロファイルの補正の内容がさっぱりわかりません

早速そのプロファイルでグレースケールを印刷してみましたが
乾燥していませんが、まずまずの出来でした
最近は何枚と印刷しているので、プリンタから出てきた瞬間
大体の性質がわかることに気づきました
今回も出た瞬間一部色転びしているところがあり、
まだまだ究極とまではいきませんでした

でも暗部70~35付近は結構安定しています
天体写真ではこの部分がすごく重要で
全体のイメージに大きく関わってくると思います
明日になって色が偏っていたら恥ずかしいので
もう止めておこう・・・


2009_1230_001.jpg

自分のプロファイルをColorDarkroomで表示してみました
あくまでこれはプロファイルデータなのでプリント結果ではありません


2009_1230_002.jpg

これは前にも出しましたが、純正のプロファイルです
一見RGB値がそろっていて綺麗ですが青に偏ります
なのでBが下がっていて正解だと思います
そしてこのグラフ、トーンカーブで言えば
すごくコントラストをあげている感じです
一度純正のプロファイルで天体写真を印刷しましたが
すごく明るくなりダメダメでした
天体写真をプリントするのには不向きですね
普通の写真ではクールで綺麗に見えるのでしょう

さて偏った部分どう調整するんだろう・・・
ストリップ測定 
2009/12/29 Tue 13:41
CATEGORY【機材】
少し読込みの練習をしてみました
Spyder3 Print SRには新しいルーラで
パッチを連続測定できるのです
いままでは1つ1つのパッチをクリックするので
相当の時間がかかっていたでしょう


2009_1229_001.jpg

新しいの便利です
測色器をレールにそって等速でスライドさせるだけです
でも、実はこれ結構慣れが必要です
始めは2、3行に1個はミスしていました
リズムが悪かったり、速かったりだったんでしょう
でも何回も同じ事の繰り返しなので
当然上手になっていきます


2009_1229_002.jpg

測定した行はこの様に測定した色で表示されます
9個目で区切りがあるのでリズムが悪く
飛ばしたりするとすぐにわかります


2009_1229_003.jpg

1枚のパッチ全部を測定するには
順調に出来れば5分程度
4枚で20分です
後は綺麗なグラデーションになっているか
不自然な色になっていなか等でチェックします

ストリップ測定はすごく便利です
でも便利になる対価はやはり測定ミスでしょう
慣れればミスも少なくなるのですが
完璧ではありません
完璧な測定をするならパッチモードで個々に測定するべきでしょうね
白タイル 
2009/12/29 Tue 11:07
CATEGORY【機材】
プリンターのキャリブレーションの手順は

プリンターのドライバでの色調整をしない(色補正なし)
パッチを印刷をする
この時のプロファイル(色変換)はSpyderで決めているので
わからないのだが、たぶん変換はされていないのだろう

プリントされたパッチを測定デバイスで測定
パッチの基本となった色からの差をプロファイルとして作成
たぶん差ではなくもっと複雑だろうけど


2009_1228_002.jpg

測定デバイスは何を基準に色を測定しているのか?
それがこの白タイル
これで本体のキャリブレーションをしているのだが
本当に正確なの?
早くも疑いw

そこで本体のキャリブレーション後
x-rite(マクベス)カラーチェッカーを測定してみました


2009_1228_003.jpg

今回はチェッカーのwhite~blackを測定
上段はデータのLab値下段が測定値です
5回測定し、上下を切って3個の平均値です
いまいち色測定の誤差がどれほどなのかわからないのだが
まずまずなのでは・・・
僕のカラーチェッカーのwhiteが黄色に偏っているのかな

ついでに使用する用紙も測ってみました
プラチナグレードはプロフェッショナルフォトよりも
輝度が高くまさにプラチナです
プラチナグレードとクリスピアは見た目でもわかりましたが
クリスピアしか青いです

さて次は測定です
用紙の種類 
2009/12/28 Mon 23:39
CATEGORY【機材】
2009_1228_001.jpg

パッチの十分な乾燥まではまだ時間がかかりそうだが
早く読込みをしてみたい
ということで、複合機のMP960の為に印刷したパッチを
テスト読込みしてみようかと眺めていた

そこで疑問に思ったことが
プリンターの印刷設定の用紙の種類
プラチナグレードとかプロフォトペーパーとか選択するところ
これはなんだろう

MP960は古いプリンターなので
印刷設定にはプラチナグレードはありません
今回は用紙の種類にプロフォトペーパーを選択したのですが
この用紙の種類でプリンタは何を変えているのだろう

用紙の性質に対する最適なインクの拭きつけ量を変えているのだろうか?
などとふと思いました
パッチ出力しました 
2009/12/27 Sun 18:36
CATEGORY【機材】
2009_1227_004.jpg

早速パッチの出力をしました
初めてのプリンタプロファイルの作成ですが
妥協はしたくありません
思い切って729パッチ+拡張グレーを選択しました
ストリップ読込みなのできっと大丈夫だと・・・

さて後は乾燥を待つのですが、どれくらい待てばいいのやら
早過ぎればキャリブレーション後に色が変化してしまう可能性もあります
もちろんその変化はプロファイルに反映されませんので
そのプロファイルを使った印刷でも若干の差がでてしまうでしょう

今までのプリントの経験から3日以上は待ちたいところです
出来れば1週間ほど待つのもいいかも
でもそれじゃこの年末年始何もできないですね
始めなので何回もキャリブレーションをしてみようと思います
時間があれば明日にでも
2009/12/27 Sun 13:31
CATEGORY【機材】
サンタさんは覚えていてくれました
そういい子にしていたからねw

朝起きても何も無かったのですが
玄関からサンタはやってきた

サンタ「こんにちは~ここにサインしてください」
と・・・


2009_1227_001.jpg

箱を開けると
おぉ~待ってました!

Spyder3 Print SR です

星撮りをしている人は知っている人のほうが多いと思いますが
これはプリンタプロファイルを作成するツールです


2009_1227_002.jpg

カッコいい~
未来派のデザインですね
細部でエアロダイナミクスを考慮してそうです
それによりストリップ読取(スライドしながら1行を一気にスキャン)
が出来るようになりました(嘘)


2009_1227_003.jpg

こいつならきっと鈴鹿のコースレコード
1分28秒を切ることも可能かもしれません

とちょっとテンション上がり気味ですが
年末はこいつで楽しめそうです
早くパッチを印刷しなくては
2009/12/26 Sat 17:29
2009_1223_002b.jpg

23日に撮影したもう一つの対象しし座のトリオ銀河です
今回は直焦点での撮影なので8枚撮影しました
しかし、カメラの変な縞状ノイズやら
フラットがさっぱり合わないなど
いまいち気合が入りません

これからは銀河しか多い季節ですが
FSQしか持っていない僕には
この程度が限界です(努力が足りないだけかも)
でもいつかはすごいディテールで撮ってみたいものです

撮影機材:FSQ-106ED (f=530mm F/5.0), EM-200 Temma2M
使用カメラ:SEO-COOLED X2(LT), ISO400
露出時間:20分×8
50% 1068px トリミング

寒いと眠いのは嫌い 
2009/12/23 Wed 22:02
昨日は22時頃から雲が少なくなったので
自宅で撮影を行いました

撮影開始時は雲が流れ20分の露出では撮影終了までに
かなりの確立で雲の通過という悲しい状況でした
でも、日が変わると雲一つない快晴
撮影対象は西に傾きかけてましたが
撮影意欲はどんどんあがっていきました・・・

一方その頃ふうまさん、shyoshi-さん、t-maruは
護摩壇ですごいことになっていたんですね
途中からメールも来なくなったのでてっきり
順調に撮影に移ったとばかり思ってました

時間的に冬の対象はぎりぎり1対象狙えそうだったので
ばら星雲に決めて撮影開始
去年1回撮影していたので、2回目からは2時間以上の露出と
決めていたのですが、自宅からでは露出時間が足りませんでした
Rつさん次回こそがんばります

しかも途中ピントの微調整後JPGからRAWに変更せずに
撮影してしまい、20分を無駄にしてしまいました
こういう失敗って一番へこみます

その後は薄明まで雲の通過もなく撮影できました
でもこれからの季節星雲が無く撮影対象に困ります
そしてなにより寒い!
暑いのは我慢できますが、寒いのは我慢できません

真剣に遠隔撮影考え中です
PCは無線とリモートで操作できますが、
温度変化によるピント調整にはフォーカサーが必要になりますね
これはオートガイド中に鏡筒に触らずピント調整できるようになるので
遠隔撮影に関係なくあっても便利かもしれません

でも遠隔撮影って怖いです
途中で雨が降ってきたらとか
誰かが来て機材に気づかず当たってしまうとか
不安です

今年はこれが最後の撮影かな
今回撮影時間が惜しくテストは全然しませんでしたが
次晴れた時はスペーサーを試してみようと思います
スケアリングの問題?は8割ほど改善された感じです
ほぼ気にならない星像(色)になりました
いろいろアドバイスしてくれた皆さんありがとうございます


2009_1223_001b.jpg

撮影機材:FSQ-106ED (RD f=385mm F/3.6), EM-200 Temma2M
使用カメラ:SEO-COOLED X2(LT), ISO400
露出時間:20分×4


2009_1223_001b2.jpg

50% 675px

クリスピア 
2009/12/20 Sun 23:24
CATEGORY【機材】
2009_1220_003.jpg

撮影も出来ないのにプリント用紙を買ってきました
最近はプラチナグレードしか購入しないのですが
この用紙なかなか小さい店には在庫がないことが多いです

僕は昔はエプソンのプリンターを使用していましが、
インクの詰まりが多くキヤノンに移ってしまったのです
でも用紙コーナーでクリスピアのパッケージがいつも気になっていました
角ばってるし、なんかかっこいいですよね
我慢できず購入してしまいました
何をしてるんでしょうね

プリンターは持ってませんが
メーカーの違うインクと用紙のマッチング
とても気になるのです
今日は晴れるの? 
2009/12/20 Sun 16:39
CATEGORY【機材】
最近何かと忙しく
しかも晴れないので書くことも無い
若干放置でした

今日は晴れるのかな?と少し期待しています


2009_1220_001.jpg

今日はエネループの新しいのを買ってきました
ヘッドランプやペンライトでエネループを使用していますが
これほんといいですよね
ヘッドランプとかはLEDになり、電池の消耗も抑えられているのですが、
乾電池の時、遠征前に電池の消耗度を気にする必要がありました
でも、エネループに変えては遠征前に充電しておけば
まず電池が無くなる事はありません

今回購入したのは単3形4個付きの充電器です
実は最近新型になったらしいのです
内容は詳しく見ていないので知りませんが
充電器が欲しかったのです


2009_1220_002.jpg

左が旧型、右が新型です
実は単4形が4個同時に充電できるようになったのです
僕のヘッドランプは単4形3個なので
旧型では2回に分けて充電してました
でもこれで1回で充電できます
しかも、旧型は充電中コイル鳴きの様な耳障りな音がしていましたが
新型は無音です!
↑これ重要ですよ

とまぁなんてない日常ですw

もうすぐクリスマスですが
サンタは来てくれるかな?
今年は来てくれそうな気がします・・・
コンパスカッター 
2009/12/12 Sat 20:52
CATEGORY【機材】
新月期になると晴れない
こういうパターンにはもう慣れっこだ

撮影も出来ないので
この前よっちゃんのブログで補正レンズ⇔センサー間が
適正距離なっていない事により性能を出し切れていない可能性がる
でも1.0mm間隔がずれてもあまり変わらない可能性も
という情報を耳にしました

そこは自分で試してみようと思います
用意したものは

コンパスカッター
0.3mmアルミ板のみ

ホームセンター程度ではこんなものだろう


2009_1212_001.jpg

こうやってコンパスカッターでアルミ板を切ります・・・

切れませんw

あくまでこれは紙を切るものです
もちろんカッターの刃は欠けてしまいます
でも何回もすればきっと切れるはずです


2009_1212_002.jpg

そうこんなふうに
根性で出来上がりました

0.3mmスペーサーの完成です


2009_1212_003.jpg

これをレデューサーとマウントの間に挟むことにより
0.3mm補正レンズ⇔センサー間を調整することができます
でも間隔を広げるだけですけどね

今回何がしたいかというと0.3mmで何かが変わるのかを試してみたかったのです

ノーマル40Dが100%の性能を出しているとも限らない
X2がひょっとしたら究極の間隔かもしれない
0.3mmで変わるかもしれないし、目に見えない程度かもしれない
さてどうなるかな

しかし晴れないですね
FSQの限界は・・・ 
2009/12/09 Wed 21:39
CATEGORY【機材】
昨日はあまり良い空ではなかったのですが、
テスト撮影は十分できました
前回レデューサーの回転で少し改善した気がしたので、
今回は事前にレデューサーをもう一度
センターを取りながら(隙間を見る程度)締めなおしました
まずは基本的なことからですね
するとどうだろう


2009_1209_001.jpg
Photoshop 収差補正なし

撮影機材:FSQ-106ED (RD f=385mm F/3.6), EM-200 Temma2M
使用カメラ:SEO-COOLED X2(LT), ISO400
露出時間:20分×1

結構いい感じじゃないでしょうか
左右の差はほぼ無くなりました
変わりに上下がすこし気になります


2009_1209_002.jpg
Photoshop 収差補正あり

でも収差補正をすればほぼ気にならないレベルです
しかも最近は点ばかり見ていたのでピントの調整も極めてきました
そうなるとこの望遠鏡どこまで解像するのかが気になります
この状態を維持するのか、もっと求めるのか・・・
青が好き 
2009/12/08 Tue 23:35
2009_1208_001.jpg

個人的に青が好き
愛車も青だし
iPodも青(がほしい
だからプレアデス星団もすごく好き
すばるいいね~

スケアリングの問題少し前進した気がします
でも今日は眠いので寝ます
買うぞ! 
2009/12/03 Thu 17:16
CATEGORY【機材】
何を買うかというと
ST-8300です!
といいたいのですが、それはもう少し後
そう、誰か購入してその感触、感想を聞いて・・・
という消極的です


2009_1203_001.jpg

Datacolor社のSpyder3Print SRを購入しようと思います
これはプリンタのプロファイルを作成するツールですが、
結構お手ごろになりました
それでもプリンターがもう一台買えます
しかも『お前には使いこなせないだろ!』と聞こえてきそうですが・・・


2009_1203_002.jpg

Pro9000を購入し、よっちゃんにプロファイルをいただき、
僕のプリンターに合わすように微調整をしました
完璧に合わすのは無理でも納得のレイヤーは出来たのですが、
本当にプリンターに合ったプロファイルとはどんなのだろう
という欲望がでてきました
なおかつ撮影→画像処理→プリントと、
すべてを自分の管理下におけるので楽しさ倍増でしょう

たぶん・・・

なので買っちゃいます

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。