スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
CameraTimer完成 
2009/03/27 Fri 20:09
CATEGORY【機材】
2009_0326_003.jpg

どうにか完成しました
相変わらずハンダ付けはへたくそです
見た目は出来ていますが動くとは限らない
早速カバーは付けずにPCに接続
GuidemasterのCameraTimerで動くか確認してみましたが
なんとあっさり動いちゃいました


2009_0326_004.jpg

設定もそんなに難しいわけではありません
オプションを開き
DLSR selection > Serial Interface
Serialport settings of primary Imager > 使っているCOMポート番号
Shutter > RTS
DLSR Exposure times > 撮影に使う露出時間のプリセット


2009_0326_005.jpg

CameraTimerを開き
Exposure Time > 設定した露出を選択
Quantity > 撮影枚数
Mirror lockup Pre Lockup[sec] > ミラーアップしている間隔
Spoolingtime[sec] > インターバル間隔

後はBegin Exposureでスタートです
次回からはこれで撮影しようと思います
DSI ProはPHD Guidingだけしか使えないので
Guidemasterも立ち上げなければいけないのは困りものです
DSI対応してほしいです

ちなみに動いたので
今回購入した部品を載せときます

トランジスタ 2N3904
ダイオード 1N4005
カーボン抵抗  47KΩ
基盤
Dサプコネクタ 9Pメス
Dサブカバー(9P・手回し・インチ)
φ2.5ステレオ延長ケーブル

1個作成するのに600円程度なので
タイマーリモコンを購入するより全然お安くなります
スポンサーサイト
CameraTimer 
2009/03/26 Thu 23:51
CATEGORY【機材】
2009_0326_001.jpg

またもや千石電商さんでいろいろと購入しました
でも購入金額が小さいので送料が割高でした
何を作るかというと


2009_0326_002.jpg

MaxIm DLのマニュアルから回路図をいただきました
そう、これはPCからカメラのレリーズを制御するケーブルです

今はタイマーリモコンを使用していますが
これが夜中の暗い場面でボタンが押しにくい
EOS Utilityで制御してもいいのですが
これはこれでミラーアップ使用するのセッティングで
バルブ撮影ができません

GuidemasterのEOS-USB Pluginを使用しても
ミラーアップからのレリーズは出来ませんでした
それならPC制御のケーブルを作るのみと思い
パーツを購入しました

しかし、電子回路はさっぱりわかりません
単純な回路図ぽいので頑張って組んでみようと思います
SGT開幕! 
2009/03/24 Tue 20:32
今年もSGT観戦に行ってきました
開幕戦は22日岡山国際サーキットです
数日前から天気予報は雨
晴れる事を祈って出発しましたが
観戦中は降ったり止んだりと
困った天気でした


2009_0322_001.jpg

今年は世界的な不況の中
世界のモータースポーツでは日本の企業はほとんど撤退
SGTでも台数が若干減りました
でも日本車が元気に走っているところを観れるのは嬉しいです


2009_0322_002.jpg

今年もRX-7を応援していきます
ベースが白に変わりましたが
なかなかかっこいいデザインです
谷口選手、折目選手、雨さんがんばって~


2009_0322_003.jpg

ミクZ4も元気に走っていました
さすがV8 5000cc低音のエキゾーストノートでしたw

う~ん
しかし撮影の技術が全然上がらない
以前より下手になっているのでは・・・
家で確認しましたがボケボケの写真を量産していました
きっと雨だったからですw

次戦は改修された鈴鹿サーキット
楽しみですが行けるかな?
すごいぞコーナン 
2009/03/20 Fri 23:41
CATEGORY【機材】
最近のホームセンターはなんでも売ってます
この前コーナンに行ったときにこんな物を買ってきました


2009_0320_001.jpg

そう!これEF70-200 F4専用鏡筒バンドです(違いますw
しかもこのバンド312円
こんな良いものが売っているなんて


2009_0320_002.jpg

どう使うかというと
こうやってレンズを固定します
しかしこいつ本当に天体撮影用に作成されたんじゃないのか?
なんというフィット感


2009_0320_003.jpg

リング式三脚座は普通の使い方だと
このバンドと干渉するので反対にしています
これで三脚座のみの1点固定から2点固定になるので
ガタはほとんど無くなるだろうという計算です

ちなみにこれは配管等を固定するバンドです
配管のコーナー付近にあると思います


2009_0320_004.jpg
SEO-COOLED X2(LT), ISO400, 20分×1, 中心切り抜き

テスト撮影がこれです
時折強風の中の撮影なので
十分なガイド結果です
なにより良かったのが数枚撮影したのですが
そのすべての星の位置がピタッと同じ位置でした
この意味は20分以上の露出でもズレないということです
そんなにうまくはいかないだろうけど
カメラレンズでも安定した撮影が出来そうです

さて、次はFSQでの銀河撮影を頑張ってみよう
2009/03/16 Mon 20:55
CATEGORY【機材】
普段撮影では申し分ない性能のレンズとわかりましたが
天体撮影でも使えるとは限らない
普通の人はIS無しのレンズを買うだろう
余計なレンズ、機構が無い方が良いに決まっている
そこだけが不安要素でした


2009_0315_001.jpg
SEO-COOLED X2(LT), ISO400, 10分×1

昨日テスト撮影をしてみました
中心部を切り抜きです
上下に伸びているのはガイドズレだろう
というかリング式三脚座のガタでは?

これを見る限り問題無いだろう
完璧な真円とまでは言えないがまずまずの点になっています


2009_0315_002.jpg

これは右下端の切り抜きです
さすがに収差の影響で歪んでいます
でも全然ダメというレベルではないので
十分開放でも撮影できます
う~ん夏の星座が楽しみです

EF70-200mm F4L IS USM 
2009/03/16 Mon 00:12
CATEGORY【機材】
2009_0314_001.jpg

久々にカメラレンズを購入しちゃいました
EF70-200mm F4L IS USM
発売当初から少し気になっていたのですが
あまり自分のが使う焦点距離ではなかったので
見送っていました
でもこのレンズ開放(F4)ではEF70-200mm F2.8のF4よりも全然シャープという噂
しかも手振れ補正効果は4段分で重さは760g
実に機動性に優れ愛用出来そうなレンズです


2009_0314_002.jpg

早速箱を開けてみる
ちっちゃい!
前に知り合いにEF70-200mm F2.8L USMを貸してもらったのですが
同じEF70-200でもF4は小さいです
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMと並べると
一目瞭然!全然大きさが違います

40Dに装着し
家の周りでテスト撮影
ISの音が意外に大きいのにびっくりしましたが
AF速度はEF100-400よりもすごく俊敏です
EF100-400はフォーカス位置手前で減速してじわ~っとフォーカスしますが
このレンズはシュシュっとフォーカスします
これは気持ちがいいです

まずまずこれは満足出来そうです
後は天体撮影では・・・

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。