スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2013/08/27 Tue 22:24
CATEGORY【機材】
一応作品も完成か?というところまで来たのでプリントしてみました。

前のプリントから何日プリントしていないのかな、ガリガリと結構長い時間ヘッドクリーニング的なことをやっておりました。
そしてPRO-10を購入して始めてのインク交換を行いました。
グレーとクロマオプティマイザーのインクの減りが大きいですが、他のカラーインクは少し減っている程度です。
以前使用していたPro9000MarkⅡよりも経済的な気がします。


2013_0827_001.jpg

プリント後すぐでも安定感抜群でなんだかもう鼻息が荒くなっちゃいます。


そういえばプラチナグレード(PT-101)の後継品PT-201が10月に発売されるようですね、何が変わっているのでしょうかちょっと気になります。
でも現行のプラチナグレードを買い溜めてしまったので新しいの買えないです。
これはバリバリ撮影してプリントせねば。
スポンサーサイト
プリントできね 
2013/07/17 Wed 22:09
CATEGORY【機材】
2013_0717_001.jpg

今月は撮影できませんでした。

いや~このままだとモチベーションが下がってしまいます。

せっかく買ったPRO-10も最近は電源も入れてもらえません。

もったいないなー

電源を入れるとクリーニングでインクが減っちゃうので本気印刷以外は電源を入れたくないのですが、ほったらかしも駆動系に良くない気がします。

PRO-10のインクってなぜ安いのでしょうか、PRO-100は今までどおり1,000円強するみたいですが、ひょっとして容量が少ないのかな。

ツールも3週目でほぼ決まりかけてるし、なんかな~

自転車でも乗るかね。
2013/07/07 Sun 00:55
CATEGORY【機材】
前回の記事のフラットを見ていてカメラのウインドーガラスにゴミが付いていることに気付きました。

撮影前で良かった。


2013_0707_001.jpg

早速ゴミを取っておこうとシャッターを開いたのですが、なにやら違和感。
シャッターってこんな感じだっただろうか。
違いますね、もっときっちり開いたはずです。


2013_0707_002.jpg

分解開始です。

やはり怪しいのは右下のシャッターを動かしているやつですよね。


2013_0707_003.jpg

ML8300のシャッターはこのモーター?でシャッターを動かしているのですが、開く時はシュッっと動くのですが、閉じる時にカチンッっと結構派手な金属音が鳴ります。
いつか何かが起こるなと思っていましたが、どうやらモーターが固定位置から少しずつ回転してしまったようです。


2013_0707_004.jpg

もちろん調整機構は付いているようですね。
ここを緩めモーターを回転させます、少し動かしては動作確認をするのですが僕の場合2mm程度の調整が必要でした。
たまにはこの部分を確認しておかないといけませんね。


2013_0707_005.jpg

シャッター羽根です。


2013_0707_006.jpg

ML8300はインターラインではないのでシャッターが必要なのです。
インターラインに憧れちゃいます、知りませんが月も撮れるんでしょうね。


2013_0707_007.jpg

ばっちりシャッターが開くようになりました。

さー後は晴れるだけ。
2013/06/22 Sat 23:37
CATEGORY【機材】
2013_0622_003.jpg

作成したプロファイルに補正を加えたver.2のプロファイルが出来上がりました。
さすがに染料の時に経験しているので一発で決まりました、飛び上がった色をもう少し調整してみようと思ってます。
85~225でGが強く出ているのでグレースケールが気持ち悪いんですよね~

顔料インクはいい!

この測定データはプリントしてあまり時間も経っていないものですが、先ほど2時間ほど経過した測定データと見比べてもほとんど違いが有りません。
明日にはプリンタプロファイル完成しちゃうかもね。
プロファイル作成ちう 
2013/06/22 Sat 21:21
CATEGORY【機材】
イプの調整をほっぽってPRO-10のプロファイル作りを行っています。
今日は晴れているので星像チェックできそうですが、今日はプリンターかな。


2013_0622_001.jpg

純正プロファイルを使用しPSでグレースケールを印刷し、SpyderPRINTにより測定したものです。
これを見て思うことは、純正プリンターのカーブはすごく美しい。


2013_0622_002.jpg

これはSpyderPRINTにより作成したプロファイルを使用しPSでグレースケールを印刷したものですが、純正プロファイルと比べると一見RGBが純正よりそろっている気がしますが、輝度ごとにちょっとガクガクしていますね。
やはり純正ですね、ワークスとプライベーターの違いがありますね。

純正プロファイルにカーブで補正しプリントする方法も有りかなと思っちゃいます。
でも純正のプロファイルはB>R>Gと爽やか表現、6000Kでマッチングしそうですね。

さて自作プロファイルの補正カーブを作るぞ。

copyright © ふぇにるのぶろぐ all rights reserved.
まとめ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。